「吉音コンテスト」優勝は女性シンガーhidemyさん-アフターライブも

「吉音コンテスト」でグランプリを獲得したhidemyさん

「吉音コンテスト」でグランプリを獲得したhidemyさん

  •  

 吉祥寺で4月29日~5月6日、街ぐるみのイベント「吉祥寺音楽祭」が行われ、メーンイベント「吉音コンテスト」では女性シンガーのhidemyさんがグランプリを獲得した。

 今年で6回目となる「吉音コンテスト」では、応募総数188組から選ばれた10組のアーティストが5月3日、吉祥寺シアターでライブを行いグランプリの座を競い合った。

[広告]

 ミュージシャンの安田尚也さん(元沢田研二&EXITOTICSメンバー)をはじめとした吉祥寺エリアの音楽を担う審査員らは、アマチュア女性シンガーhidemyさんのソウルフルな歌唱力を絶賛。グランプリのhidemyさんは1年間、吉祥寺での音楽イベントに出演するほか、商店会やCDショップなどからもPRの機会を提供されるなど、吉祥寺の街から応援を受ける。

 「私を育ててくれる母と今は会えない父を思って歌った。父は演歌、母は佐渡の民謡の歌い手なので、両親の得意な『コブシ』を私なりに受け継ぎながら表現していければ」と話すhidemyさん。埼玉在住だが、1年前、高円寺在住の作曲家と出会ったのを機に中央線エリアに足を運ぶようになったという。今では吉祥寺でも飲食や買い物を楽しんでいる。「これまで渋谷や新宿のクラブで歌ってきたので、吉祥寺でのライブは新鮮。これから1年間、吉祥寺の街でも歌わせてもらえることになってとてもうれしい。吉祥寺の人々との出会いが楽しみ」と受賞の喜びを話していた。

 準グランプリには、吉祥寺で千回に上るストリートライブを敢行している野田旭さんが選ばれたほか、来場者のアンケートで選出されたオーディエンス賞には、ライブハウス・シルバーエレファント(吉祥寺本町2)の推薦で出場し、会場を走り回ってのパワフルな演奏とMCで会場を盛り上げた女性3人組「チャボ☆チョップ」が輝いた。

 今年の吉祥寺ウェルカムキャンペーン大会長で審査にも携わった花俣延博さんは「昔と違って今は音楽のジャンルがより広がっていることを審査からも感じた。ロック、ポップス、ヒップホップ、民族音楽からジャズ、カントリー、演歌と、さまざまなステージが街の各所で行われたので、老若男女問わず幅広く楽しんでいただける音楽祭に進化しているのでは」と、吉祥寺の駅前広場、井の頭公園、各所ホール、大型商業施設、ライブハウスなど20カ所以上で行われた今年の吉祥寺音楽祭を振り返った。

 吉音コンテストの受賞者らは5月17日、ライブハウス「吉祥寺Planet K」(吉祥寺本町1、TEL 0422-21-7767)で行われる「吉音コンテストアフターライブ」に出演する。開演時間は18時で、入場料は1,500円。

吉祥寺音楽祭公式サイト関連記事(吉祥寺経済新聞)