3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

吉祥寺に函館の魚介を使ったイタリアン アクアパッツァは赤と白

井の頭公園に続く七井橋通りに平行する一本入った通りに店を構えるELMOの外観

井の頭公園に続く七井橋通りに平行する一本入った通りに店を構えるELMOの外観

  • 28

  •  

 函館直送の魚介を使ったイタリアンベースの料理を提供する「ELMO(エルモ)吉祥寺(武蔵野市吉祥寺南町1、TEL 0422-24-8442)が吉祥寺にオープンして半年が過ぎた。

函館のポスターを並べたテープル席の壁

 同店は飲食、教育、介護などの事業を展開するソフトライングループ(調布市)が経営。「吉祥寺の街を元気にしたい」とドミナント戦略でヨドバシ裏の「肉寿司」、南口店の「新時代」などを出店するが、2013(平成25年)年4月9日オープンのイタリアン食堂Va bene(ヴァベーネ)吉祥寺店の姉妹店として2月にオープンした。

[広告]

 店内はカウンター席を合わせて約50席。今は密を避け、充分に間を空ける。テラス席は最大で6席。

 店長の大島一美さんはVa beneの開店スタッフを務め、「新店を出すから」と請われてオープニングから店を取り仕切ってきた。「グルーブでは初めての魚介専門イタリアンなので、食材の扱い一つ一つに苦戦した」が料理人としての経験を生かして、仕入れからメニューの企画も担う。

 料理には函館を囲む太平洋、噴火湾、津軽海峡、日本海と4つの海からの情報を毎朝ネットで大島さんが見て仕入れ、空輸した食材を使う。魚介類をオリーブオイルで煮込んだアクアパッツァは赤(2,400円)と白(2,000円)を用意。北海道産カキ(600円)、本日のおすすめカルパッチョ、カニみそバーニャカウダ(以上950円)、カツオのワラ焼きタリアータ(1,100円)、真ダコのポテトサラダ(450円)、生ウニとホタテ貝柱のクリームソースリングイネ(1,700円)など。肉料理も鴨胸肉のローストいちじくバルサミコソース(1,900円)、24カ月熟成パルマ産生ハム(小750円、大1,200円)などを提供する。

 テークアウトにはアクアパッツァ(2,000円)、生ハムとサラミの盛り合わせ(1,400円)、鴨胸肉のロースト(1,500円)、ラムチョップグリル(2,000円)などを用意。ランチは事前予約が必要で、サーモンの西京焼き弁当、魚介たっぷりドリア(以上1,000円)。

 ワインの品ぞろえにも力を入れる。ハウスワインは置かず、常時9種類のグラスワインを提供。ボトルワインはリストに掲載しきれないものもあるため、「今日の料理に合わせたワインを提案するので、気軽にスタッフに声を掛けてほしい」。

 「コロナの影響でお客さまが来なかった中、苦渋の選択で始めたテークアウトの味を気に入って来店していただくお客さまが増えた」と大島さん。「メインストリートから外れた場所にあるが、当店を目指してきてほしい。吉祥寺の街になくてはならない店にしていきたい」と意気込む。

 営業時間は11時30分~15時、17時~23時30分(土曜・日曜・祝日は11時30分~23時30分の通し営業)。

Stay at Home