天気予報

14

4

みん経トピックス

杉並2会場で「活版印刷」展吉祥寺で絵本「ボノロン」展

吉祥寺にオリジナルTシャツ店-時事ネタや地元モチーフデザイン

吉祥寺にオリジナルTシャツ店-時事ネタや地元モチーフデザイン

「スモールデザイン吉祥寺店」

写真を拡大 地図を拡大

 吉祥寺に6 月1日、オリジナルブランドのTシャツ店「スモールデザイン吉祥寺店」(武蔵野市吉祥寺本町4、TEL 090-3961-0649)がオープンした。

 同店は、「ホリエモン収監」(2011年)や「オセロ中島洗脳」(2012年)などの時事ネタTシャツを発表しているデザイナー・菊竹進さんが社長を務める「スモールデザイン」初の路面店。白を基調としたシンプルでモダンなインテリアの店内(5坪)には、同社の3ブランドのTシャツやパンツ、バッグ、帽子、スニーカー、バッジ、ポストカード、土人形などのオリジナル商品がそろう。Tシャツはメンズ、レディス、キッズを取り扱っている。

 3ブランドのコンセプトはそれぞれ「吉祥寺」「時事ネタ」「トレンド」。吉祥寺をテーマにしたブランド「スーベニア吉祥寺」は、中央線やゾウの「はな子」、井の頭公園のスワンボートなどをモチーフにしたTシャツやバッグなどの雑貨がメーン。週末には吉祥寺駅公園口で路上販売も行っている。時事ネタがテーマのブランド「スモールデザイン時事」では、国際情勢から芸能ネタまで、旬な話題を風刺したTシャツを毎週発表。オリジナルデザインのリメークパンツブランド「スモールデザイン」では、パンツの色と水玉の色を選べるカラーオーダーも受け付ける。商品の価格帯は、Tシャツが2,900円~、パンツが6,900円~、バッグが2,500円~。

 「一番人気は中央線のTシャツ。お客さんからは『路上販売は立ち止まりにくかったので、お店があるとゆっくり見られていい』『サルエルパンツがかわいい』との声を頂いている」と菊竹さん。

 「念願の路面店を吉祥寺にオープンさせるために渋谷から移転してきた。小さい子ども向けのかわいいデザインから、毎週届く風刺の効いた時事ネタTシャツ、カラーオーダーできる水玉サルエルなど大人が満足できるアイテムまで幅広く取りそろえている。ぜひ一度来店していただければ」と話す。

 営業時間は12時~19時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉祥寺駅、一面桜色にラッピング 井の頭公園の桜に先駆け満開に井の頭線吉祥寺駅付近も階段や床に満開の桜が装飾された
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング