買う

高円寺に「トーキョーバイク」直営店-谷中に続き都内2店舗目

tokyobike shop高円寺

tokyobike shop高円寺

  •  
  •  

 創業11年目を迎える自転車メーカー「tokyobike(トーキョーバイク)」が2月、高円寺駅南口から徒歩6分ほどの住宅街に直営店「tokyobike shop 高円寺」(杉並区高円寺南2、TEL 03-5913-7897)をオープンした。2月16日~3月10日までプレオープンとして営業、グランドオープンは3月下旬を予定する。

一つ一つ手作りしているガーナ産のバスケット「HOUSE of TALENT」

 「東京の街を走るため」の機能的でデザイン性の高いスポーツバイクを手掛けてきた同メーカー。オッシュマンズや全国の東急ハンズをはじめ、全国に取扱店があり、3年前にオープンした谷中の「トーキョーバイク・ギャラリー」(台東区谷中1)を皮切りに、ロンドン、ベルリン、シンガポール、メルボルン、シドニーと海外へも進出。都内の直営店は高円寺が2店舗目となる。

[広告]

 「谷中の店には、杉並区をはじめ、都内の西側に住むお客さまにも多くご来店いただいており、そのお客さまのアフターケアを考えて、次にお店を出すならば山手線の西側にと決めていた。小さな個人店が街に根付き、人々の息遣いが感じられる高円寺には谷中と似たにおいを感じた」と同店スタッフの魚住さん。「これまでアフターケアでなかなか谷中へ足を運べなかった顧客の方々にもご利用いただけたらと、プレオープンとして先に店を開けることにした」といい、オープン以降、近隣の顧客を中心に地元住民が立ち寄る姿も見られ、反応は上々の様子。

 売り場面積は約150平方メートル。谷中店の約3倍となるため、グランドオープン後はショップインショップやワークショップなど、スペースを利用したイベントも積極的に行っていくといい、自転車を含めた「東京でのライフスタイル」を提案できるような空間づくりを目指す。品ぞろえもより充実させ、フレームカラーは約30色、ハンドルやサドル、前かごやベルなどのパーツも豊富に用意し、多様なニーズに応えるカスタマイズにも対応する。

 定番人気は「TOKYOBIKE 26」(5万2,000円~)。「安定した乗り心地なのでスポーツバイクが初めての方でも乗りやすいモデル」とスタッフの橋本さん。また、多彩なパーツ・アクセサリーの中でもガーナの伝統工芸の手法で編み上げられた「HOUSE of TALENT」のバスケットがおすすめといい、「一つ一つ手作りしているので同じ模様の物はなく、全て1点物」。

 「創業以来、ライフスタイルの一部としての自転車を提案し続けている。好きな服や家具のようにお客さまのカラーで気軽に楽しんでいただきたい。年齢性別問わず多くの方の暮らしに溶け込むことができる自転車。全て、試乗もできるのでお気軽にご来店ください」と魚住さん。

 同ブランドの商品であれば、谷中店や別店舗で購入した商品も各種アフターケアに対応する。プレオープン期間中には、修理・メンテナンスに関わる工賃無料、ヘッドバッジ・ロゴステッカー無料交換などのサービスを行っている。

 プレオープン期間中の営業時間は13時~21時。水曜・木曜定休。

  • はてなブックマークに追加