食べる

「吉祥寺ワールドビアフェス2019」 80店参加し世界のビール提供

湯村輝彦さんがデザインを手掛けるメインビジュアル

湯村輝彦さんがデザインを手掛けるメインビジュアル

  •  
  •  

 世界のビールを飲み歩きできるイベント「K-George's World Beer Fes.(吉祥寺ワールドビアフェス)2019」が吉祥寺エリアで10月11日から、4日間にわたり開催される。

先着、抽選で進呈するオリジナルグッズ(スケボーはボードのみ)

 2016(平成28)年にハモニカ横丁や吉祥寺じぞうビル(吉祥寺南1)などの店舗で始めたイベント。4回目となる今年はコピス側エリアからつけ麺店「モンタナ」やダイニングバー「ZENON SAKABA」、ハンバーガー店「Fatz' The San Franciscan」など、ハモニカ横丁エリアは焼き鳥店「吉祥寺てっちゃん」やビアホール「ミュンヘン」、沖縄料理店「奄美」など、公園口エリアからはタイ料理店「ペパーミントカフェ」やイタリア料理店「マザーズ吉祥寺店」、ピザ店「トニーズピザ」など、合わせて約80店が参加する。

[広告]

 ガイドブックを手に参加店をはしごし、対象のビールを注文してスタンプを集めると、3個でオリジナルTシャツを先着100人に、5個でオリジナルスケートボードを抽選で5人に進呈する。メインビジュアル、グッズのデザインは前回に引き続き湯村輝彦さんが手掛ける。

 コピス前ウッドデッキでは11日16時から、ハイネケンオリジナルノベルティーを配布するイベントを行う。12日16時からは「ワールドビア ダンスフェスティバル」と題し、「LOW Guy」「GO Yamashiro」「HooK(Zabu、啓)」がステージでダンスパフォーマンスを披露するほか、無料でビールを配布するイベントも予定する。

 ガイドブックは参加店舗ほか、アトレ、サンロードの「吉祥寺まち案内所」、武蔵野商工会館1階の「観光案内所」ほかで配布。営業担当者は「前回は3日間だったが今年は1日長く行う。さまざまな飲食店が軒を連ねる吉祥寺でまだ入ったことのない店、日頃気になっていた店に足を運ぶきっかけづくりになれれば」と期待を込める

 開催時間は各店舗に準ずる(コピス前ウッドデッキでのイベントは天候により中止となる場合あり)。今月14日まで。

  • はてなブックマークに追加