買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

吉祥寺「kahahori」で日高直子さんの個展 陶器のお重など出品

日高直子さんの作品 染め付けのお重や箱型の器(写真=北原徹)

日高直子さんの作品 染め付けのお重や箱型の器(写真=北原徹)

  • 1

  •  

 吉祥寺駅公園口から徒歩3分、弁天通り沿いにある器のセレクトショップ「kahahori(かはほり)」(武蔵野市吉祥寺南町2、TEL 0422-90-7081)で11月21日から、日高直子さんの個展が開催される。

桃や宝袋などの形をした染め付けの小皿

 同店では一昨年と昨年に日高さんを含めた二人展を開催しているが、個展は初。

[広告]

 日高さんは神奈川県出身、現在は岡山で作陶。同展を企画する店主の上松美保さんは「のびのびとした筆致とユーモラスな情景が魅力的な日高さんの器。今回の個展ではこれからの季節に向けて、日常使いはもとより、おせち料理やもてなしにも活躍するお重や短冊皿などの箱型の器もそろえる。青い染め付けに黄色やピンクなどの差し色が入ったキュートな絵柄の器も必見」と作品の魅力を語る。

 会期中の営業時間は12時~19時。11月29日まで。日高さんの在店は無い。23日から通販にも対応。