見る・遊ぶ

吉祥寺にハリネズミとマイクロブタの触れ合いカフェ ペット専用写真館も併設

店内で触れ合える看板ブタの「ミント」とハリネズミ

店内で触れ合える看板ブタの「ミント」とハリネズミ

  •  
  •  

 ハリネズミとマイクロブタと触れ合えるカフェ「小動物園HARRY PIGGY/Photo Studio Hari-Pigi」(武蔵野市吉祥寺東町1、TEL 0422-23-7728)が7月27日、吉祥寺にオープンした。店舗面積は10坪。

店内の様子(イメージ)

 運営するナナイロ(武蔵野市)社長の山家龍仁さんは「ここ最近ハリネズミブームが定着してきたが、その中でもあまり見かけないレアカラーのハリネズミと、かわいらしいマイクロブタの両方に触れ合える空間が作れたらと考えた。賑(にぎ)わいのある街の中で、立地の良い物件に出合えたこともあり、吉祥寺に出店を決めた」と話す。

[広告]

 緑をテーマにした店内で、ケージの外側からの鑑賞ではなく、なでたり手に乗せたり直接触れ合うことができる。「看板ブタの『ミント』が出迎える。マイクロブタは人懐こく、甘えん坊。ハリネズミは自分でも飼っているが、臆病で少し仲良くなるには時間が掛かるかも」と山家さん。

 気に入ったハリネズミはその場で購入することもでき、飼育方法などもレクチャーする。山家さんは「夜行性なので会社にお勤めの方や、一人暮らしの方にも飼いやすいのでは。一点一点丁寧に手作りしているオリジナルのケージや、飼育アイテムペットフードも当店で販売している」と話す。店内にはほかに無料で飲める自動販売機を設置する。飲み物の持ち込みは自由。

 2階には完全予約制のペット専用写真館も併設する。森を感じるものや、ナチュラルな雰囲気などのスタジオセットで撮影できる。

 「まるで自宅でペットを飼っているような感覚で楽しんでいただいたり、大事なペットと家族の記念日に写真を撮ったり、立ち寄っていただけたら」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時。利用料金は、60分=2,000円、30分=1,200円(ソフトドリンク付き、小学生半額、3歳以下無料)。食べ物は持ち込み不可。小学生以下は保護者同伴。

  • はてなブックマークに追加