天気予報

13

-1

みん経トピックス

三鷹の書店で各種イベント吉祥寺東急、福袋の内容発表

ことりカフェ吉祥寺が「ことり福袋」販売 鳥別に6種用意

ことりカフェ吉祥寺が「ことり福袋」販売 鳥別に6種用意

ことりカフェ吉祥寺

写真を拡大 地図を拡大

 「ことりカフェ吉祥寺」(三鷹市下連雀1)が現在、鳥別ことりグッズの福袋「ことり福袋2018」の予約を受け付けている。

 2015年に販売を始め今年で3回目。これまでは10種で販売していたが、今年は「人気の鳥のランキング上位6種に絞って販売する」という。

 今年の鳥は、オカメインコ・ルチノー、オカメインコ・ノーマル、セキセイインコ・ブルー、セキセイインコ・グリーン、白文鳥、シマエナガの6種。

 同店は2014年に開店し、「小鳥たちを眺めながら、まったりコーヒータイム」をコンセプトに「癒やしの空間」を提供する。担当の矢島さんは「かわいい小鳥はもちろん、地元のスイーツ店『パティシエジュンホンマ』に小鳥モチーフのオリジナルケーキを依頼したり、移動式カフェ『いんこKITCHEN』のインコカレーも不定期に提供したりする。小鳥や雑貨、スイーツを楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 価格は5,000円(税別)。各鳥種先着50個限定。店頭とメールで受け付けている。12月17日まで。「ことりカフェ表参道」でも同様に展開している。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉祥寺の「ザ パークサイド ルーム」が3周年 地域とのつながり深める「the Apartment」監修で製作したオリジナルのフードパーカは井の頭公園のスワンをスリーブに配置する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング