天気予報

13

4

みん経トピックス

落合務さんの元弟子が新刊ジブリ美術館「動物農場展」

期間限定メニュー「ラブメン」-吉祥寺のラーメン&ダイニング店が提供

期間限定メニュー「ラブメン」-吉祥寺のラーメン&ダイニング店が提供

「音麺酒家 楽々(おんめんしゅか らくらく)」の、「特製らーめん(白)」(880円)

写真を拡大 地図を拡大

 今年10月にオープンしたラーメンとダイニングの店「音麺酒家 楽々(おんめんしゅか らくらく)」(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL 0422-20-4172)で現在、限定メニューを提供している。

 同店は、営業時間によってメニューを大幅に変えており、昼は天然素材のみで作る「体に優しい味わい」(同店)のラーメン専門店。夜はラーメンと創作料理、鉄板料理、種類豊富な酒を提供するラーメン&ダイニングとして営業する。店舗面積は約10.5坪で、席数は15席。店内は、黒を基調とした「落ち着いた」雰囲気で仕上げ、音楽や映像を流し「心地良い空間を目指している」と店長の磯部優さん。

 吉祥寺にオープンした理由は、「大学に通い、住んでいたことがあり、思い入れのある吉祥寺に店を出したかった」と磯部さん。「単にラーメンを食べに来る人、ゆっくり食事をする人、お酒を楽しむ人など来店者が使いたいように使える店にしていきたい。今までにラーメン店ではありえなかった『ゆっくりと食べられる空間』『居心地の良い空間』を提供する店舗にしたい」とも。

 メーンメニューは、「らーめん(白・黒)」(700円)、「つけ麺」(780円)、「日替り餃子」(450円)など。ラーメンとつけ麺には、化学調味料を使っていない天然素材のみで作るコラーゲンとビタミン入りのスープを絡ませる。ラーメンには平打麺、つけ麺には極太平打麺を使用。

 現在、週末限定(不定期)で提供しているのは「ラブメン」(650円)。背脂の浮いた豚骨しょうゆスープに、極太麺を使用したボリュームのあるラーメン。基本スタイルはそのままに、味やコンセプトなどを変え、「愛を込めて作る」という意味合いで名付けたという磯部さん。「学生時代によく食べていたラーメンを再現してみようと思いから、限定メニューの提供を決めた。この系統の味は、元々学生に安価で腹いっぱい食べてもらおうという『愛情』から始めた。原価などは気にせず、自分が好きだからこそ作れる味を表現した」と話す。

 「ラブメン」の提供は今月末までを予定。今後の展開について、「ラーメンに関しては今後、限定メニューを続々発表していく。一品メニューや鉄板メニューなどの新メニューも続々登場予定」だという。

 営業時間は、11時30分~15時(ラーメンのみ)、17時30分~23時(ラーメン&ダイニング)。月曜定休(祝日の場合翌日)。少人数のパーティーや貸し切りも受け付ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉祥寺パルコに「リアル スタイル ホーム」関東初出店 リノベーションの相談もリビングゾーンは書棚を中心に作り付けのオリジナル家具や個性的な照明が並ぶ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング