吉祥寺にカジュアルな創作フレンチ新店-和の素材も取り入れる

ランチタイムには多くの人が和素材を生かした創作フレンチを味わいに足を運ぶ

ランチタイムには多くの人が和素材を生かした創作フレンチを味わいに足を運ぶ

  •  
  •  

 吉祥寺第一ホテル裏に6月1日、創作フレンチレストラン「ラトリエ・デュ・グー」(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL 0422−28−7907)がオープンした。

 カジュアルな創作料理を提案する同店はガラス張りの店構えで、店内はカウンター席の向こう側がオープンキッチンになっており、調理の様子なども楽しめる造りになっている。席数は、カウンター=5席、テーブル席=12席を設ける。

[広告]

 ランチは「パスタセット」(1,000円)、スープやサラダが付く「プレートセット」(1,300円)、前菜、スープ、肉または魚、ミニデザートが付く「コースセット」(1,600円)の3種類でメニューは日替わり。すべてドリンク付きく。そのほか、ディナーコースは4,000円からで、「豚とトン足のテリーヌ くるみ風味のレンズ豆添え」(1,200円)、「豚の網焼き ソースリヨネーズ」(1,800円)などの単品メニューも「人気」(同店)だという。

 オーナーの芳根さんは「和の素材も取り入れたりしているので、本格的なフレンチがあまり得意じゃない方も気軽に味わえる。堅苦しくないカジュアルなレストランなので、お子様連れの家族から年配の方まで、さまざまな年代の人に利用してもらえれば」と意気込みをみせる。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=17時30分~23時。火曜定休。

ラトリエ・デュ・グー

武蔵野市吉祥寺本町2-8-9

  • はてなブックマークに追加