見る・遊ぶ 買う

ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店、今月で閉店へ-地域密着15年

ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店限定Tシャツと吉祥寺特集コーナー

ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店限定Tシャツと吉祥寺特集コーナー

  •  
  •  

 ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL0422-20-1448)が4月末で閉店する。都内の路面店では下北沢店に続き歴史が古く、1998年のオープン以来15年間地域密着で営業を続けてきた。

「ヴィレッジヴァンガード吉祥寺店」店頭の様子

 「他店と比べても昔ながらの常連客が多い印象。話題の商品よりもマニアックなアイテムを買われていく方が多い。20代はもちろん、30、40代やおじいちゃんおばあちゃんまで幅広い客層にご利用いただいた」と店長の横地さん。今月頭に告知をしたにもかかわらず、閉店の知らせを聞き、駆け付ける常連客も多いという。

[広告]

 店の入り口には、すでに「残りわずか」という漫画家の花くまゆうさくさん描き下ろしの同店限定特製Tシャツ(1,995円)が飾られており、「ヴィレッジヴァンガードは永久に不滅」の文字も。店を入るとすぐに、吉祥寺をフィーチャーした特集コーナーが用意されており、「吉祥寺店ならでは」の展開で客を迎えている。

 店では、今月中旬(15日~17日予定)までに書籍、漫画、CDなどの取り扱いが終了となり、以降は雑貨類のみの販売となる。「書籍・CD類の終了後は、倉庫に眠っていた雑貨やアパレル用品を店頭に並べる予定」で、その数は約1万点以上になるという。「歴史ある店なので、お宝グッズも出てくるかも。ぜひご来店いただき、最終日まで宝探しを楽しんでほしい」と横地さん。冬物のアパレル用品やクリスマスグッズなど季節を問わず多彩なアイテムが並ぶ予定。「15年間のご愛顧への感謝を込め、特別価格でのご提供も予定している。おまけを付けたり、少しでも喜んでいただけるよう工夫したい」とも。

 また、同店スタッフが今年初めに作った「閉店ソング」があるといい、「パンクロック系の曲で毎日の閉店時間になるとたまにかけていた。最終日までに、また『閉店ソング』をかけたり、店にゆかりあるゲストを招いてのトークイベントなどを企画したりして盛り上げていけたら」と話す。

 閉店後は、近隣にある吉祥寺パルコ店(同本町1、TEL 0422-28-7739)と経営統合し、同店の客層向けの商品を増やすなどし、MDを強化していくという。「変わらずにご愛顧いただけるよう幅広い展開を心掛けたい。これからも『遊べる本屋』で楽しんでください」

 営業時間は10時~23時。

  • はてなブックマークに追加