食べる

吉祥寺に「キャラメルゴーストハウス」新業態 キャラメルとバナナテーマのカフェ

吉祥寺の「CARAMEL GHOST PARTY」で提供する「キャラメルバナナスフレ」

吉祥寺の「CARAMEL GHOST PARTY」で提供する「キャラメルバナナスフレ」

  •  
  •  

 スイーツブランド「CARAMEL GHOST HOUSE(キャラメルゴーストハウス)」の新業態で、イートインスペースを設けた「CARAMEL GHOST PARTY(キャラメルゴーストパーティー)」が4月23日、井の頭線吉祥寺駅直結の商業施設「キラリナ京王吉祥寺」(武蔵野市吉祥寺南町2)2階にオープンする。

外観の様子(イメージ)

 2014年4月にオープンした同施設は開業5周年に合わせ、吉祥寺エリア初出店5店舗を含む8店舗を新規開業、15店舗をリニューアルオープンする。同ブランドはスイーツ物販店舗を東京駅内と川崎に展開。今回新業態を吉祥寺に出店したきっかけについて担当者は、「発信力のある街というのが大きい。リニューアルオープンのタイミングに当ブランドの世界観を十分に表現し、お客さまに感じていただける店舗の区画、広さを頂けたことも大きい」と話す。

[広告]

 席数は約30席で、店内厨房(ちゅうぼう)で作る出来たてのフレッシュスイーツを提供する。「キャラメルバナナスフレ」はふわふわの生地に紅茶がほのかに香るキャラメルクリームと、キャラメルと相性の良いバナナのコンポートをサンドし、食感のアクセントにアーモンドを使う。価格はイートインプレート(600円、バナナアイス添え)、テークアウト(1個=400円、3個=1,200円、以上税別)。

 そのほか「キャラメルバナナタピオカドリンク」やソフトクリーム、ドリンクなどを用意する。ギフト商品はキャラメル味のクッキーと紅茶の茶葉入りのキャラメルチョコレートを5層仕立てにした「キャラメルチョコレートクッキー」や「キャラメルガレット」「キャラメルアップルケーキ」のほか、新商品で、発酵バターを使いキャラメルを混ぜ込んで焼いた、キャラメルとアールグレイが香る「キャラメルフィナンシェ」が並ぶ。

 担当者は「キャラメルが大好物なオバケが作るキャラメルスイーツの世界観と味を楽しんでもらえたら」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。23日から3日間、購入客各日先着300人にキャラメルチョコレートクッキーを1個進呈する。

  • はてなブックマークに追加