見る・遊ぶ

吉祥寺パルコにデジタルツリー 「アップリンク吉祥寺」とコラボ、上映作発表も

吉祥寺パルコとアップリンク吉祥寺がコラボしたデジタルツリー

吉祥寺パルコとアップリンク吉祥寺がコラボしたデジタルツリー

  •  

 マルチディスプレーで連動したクリスマスツリーが11月22日、吉祥寺パルコ(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-21-8111)の正面入り口に設置された。

デジタルツリーにランダムに映し出される上映作品

 12月14日に同館地下2階にオープンする映画館「アップリンク吉祥寺」とコラボしたクリスマス企画。吉祥寺周辺では「はな子と楽しむイルミネーション」をテーマに、北口駅前広場で巨大なイルミネーションツリーを点灯するなど、各所でイルミネーションを展開している。

[広告]

 吉祥寺パルコ広報担当者は「毎年ツリーを設置しているが今年は同映画館のオープンを記念し、映画を見る体験を特別なものにしてもらえたらと初めてディスプレー型のツリーにした」と話す。ADにクリエーターのHYOTAさんを迎え、若手映像作家の市川稜さんが映像を制作した。

 モニターにはクリスマスツリーが映し出されるほか、同映画館のオープニングを飾る上映作品がランダムに流れる。「動きもあり見ていて楽しい新感覚のクリスマスツリー。イルミネーションや流れる映像を楽しんでもらえたら」と担当者。

 同映画館のオープニング特別企画など、上映タイトルも発表した。オープン初日は「朝から晩まで絶叫・応援上映!」と題し、5作品を上映。親子で楽しめる「映画 ひつじのショーン~バック・トゥ・ザ・ホーム~」には、ひつじのショーンもゲストで登場する。

 「バーフバリ 王の凱旋(がいせん) 完全版」は鳴り物や発声、コスプレでの鑑賞が可能。無声映画「荒武者キートン」にはサイレントピアニストの柳下美恵さんが伴奏として参加。国内、海外で活動する柳下さんは、日本初の欧米スタイルのサイレント映画伴奏者で、洋画、邦画を問わず全ジャンルの伴奏をこなす。ほかに「ストリート・オブ・ファイヤー」「スパイナル・タップ」を予定する。

 23日には、「聖夜のピアノ de シネマ」も行う。「映画館にピアノを!」を合言葉に、柳下さんがシリーズ展開しているもの。今回は「ラ・ラ・ランド」や「アンダー・ザ・シルバーレイク」などの映画で引用され、第1回アカデミー賞で数々の賞を受賞したサイレント映画「第七天国(だいしちてんごく)」を柳下さんによるピアノ伴奏で鑑賞する。

 ほかにオープンから年始にかけて、過去5年間の名作150作以上を集めた「見逃した映画特集「Five Years」も予定する。

 点灯時間は8時~23時。12月25日まで。