食べる

吉祥寺周辺で「リビングむさしの」2000号記念ランチ 10店舗とコラボ

「リビングむさしの」とコラボした「最強コスパ2000円ランチ」。東急REIホテル「井の頭吉祥ダイニング」が提供するメニュー

「リビングむさしの」とコラボした「最強コスパ2000円ランチ」。東急REIホテル「井の頭吉祥ダイニング」が提供するメニュー

  •  

 フリーペーパー「リビングむさしの」が2000号を迎え、現在、吉祥寺周辺の飲食店とコラボした「最強コスパ2000円ランチ」を開催している。

「板前割烹するり 吉祥寺店」が提供する「名物 籠盛り 鯛めし膳」

 サンケイリビング新聞社が全国53エリアで、暮らしに役立つ生活情報を発信する地域密着型の宅配フリーペーパー。武蔵野市のほか、杉並区、三鷹市、小金井市、練馬区、西東京市などへ配布される同紙は1971(昭和46)年創刊、7月28日付で2000号を迎えた。発行部数は約16万部。

[広告]

 ランチ企画について編集長の新山明子さんは、「感謝の気持ちを込めて、地元の人気店のご協力で実現した。当企画のために特別に用意していただいたスペシャルランチで一緒に祝っていただけたら」と話す。

 和食、フレンチ、スペイン料理やベトナムフレンチ、マルタ料理など多ジャンルにわたるレストラン10店がコラボする。東急裏エリアにある「板前割烹(かっぽう)するり 吉祥寺店」は「名物 籠盛り 鯛(たい)めし膳」を提供する。浦本店長は「日頃、いろいろな食材を少しずつ食べたいという声をお客さまから頂いていた。当メニューは大きな籠の中に季節の素材を使った5種類の小鉢と鮮魚を並べた見た目も華やかなメニュー。甘みとうま味が香る国産マダイと、白ダシを使った鯛めしもお薦め」と話す。

 井の頭通り沿いの「東急REIホテル」1階にある「井の頭吉祥ダイニング」は「海の幸の宝石箱仕立て」を提供する。牛肉のカルパッチョとスパークリングワインに始まり、メインはエビ、ホタテ貝、イカ、ムール貝、ウニを使ったパイケース詰めに夏野菜を合わせる。サラダ、ホットディッシュ、スープ、デザート、天然酵母のパンとソフトドリンクが付いたビュッフェ。広報の丸岡さんは「アンケートで、召し上がったお客さまからオール5を頂くなど満足していただいている。前日までに予約が必要だが、この機会にスペシャルメニューを味わってもらえたら」と話す。

 ほかに、銀座に本店を持つ「KISSHO KICHIJOJI」、6月にオープンした「ベトナム フレンチ デサリータ吉祥寺」、「KIHACHI」の元料理長がオーナーシェフを務める「SIZZLE」、韓国料理の「こぶくろ。吉祥寺本店」、包み焼きピザを提供する「レストラン マルタ」、イタリア料理の「リストランテ プリミ・バチ」「カプリチョーザ コピス吉祥寺店」、スペイン料理の老舗「銀座びいどろ 吉祥寺店」が参加。

 新山編集長は「これからも女性の暮らしが楽しくなるような、日々の生活に彩りを与える新聞であり続けたい。予約時、オーダーする際には『リビング2000号記念ランチ』と伝えて。家族や友人と飛び切りのひとときを味わってもらえたら」と呼び掛ける。

 店舗によって予約が必要。注文可能な人数やランチ利用時間帯は店舗によって異なる。8月31日まで。