買う 暮らす・働く

吉祥寺にアンテナショップ「こころダイニング」 発酵のある暮らし提案

吉祥寺にオープンした発酵調味料を扱う「発酵のある暮らし こころダイニング」の外観

吉祥寺にオープンした発酵調味料を扱う「発酵のある暮らし こころダイニング」の外観

  •  

 吉祥寺の東急百貨店近くに7月1日、発酵調味料を中心とした食材を扱うアンテナショップ「発酵のある暮らし こころダイニング」(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-23-0071)がオープンした。運営はキッコーマンこころダイニング。

「しょうゆもろみ」など「こころダイニング」で提供する発酵調味料

 1階では、半年間の発酵、熟成を経てしょうゆとして搾られる前の「しょうゆもろみ」などの調味料を試食しながら購入できる。茶谷良和社長は「かつてはしょうゆ蔵の作り手しか知らなかった『しょうゆもろみ』は発酵のうま味と香りをそのまま味わえる。工場などで販売していたことはあるが、近年発酵食品への関心が高まってきたこともあり、一般の人にも広く知ってもらえたらと商品を企画した」と話す。

[広告]

 吉祥寺に出店したきっかけについて「初めてのアンテナショップ。吉祥寺は自然体で暮らしを楽しまれている方が多い印象があった。わざわざ買いに来ていただくよりも、住んでいる人のすぐ近くに出店することで、今後も長く使ってもらえたらと考えた。生活感ある声も聞こえるのでは」と茶谷社長。

 5種類の調味料を新しく提案する。「しょうゆもろみ」(780円)のほか、同調味料をベースに、花椒(かしょう)とレモンの香りを加えた「もろみ花椒」、練りゴマとすりゴマを加えた「白ごまもろみ」(以上880円)、しょうゆと大豆や大麦を加えた具入りの「しょうゆの実」(780円)、フリーズドライしょうゆにローストアーモンド、フライドオニオン、フライドガーリックを加えた「サクサクしょうゆアーモンド」(850円)をそろえる。

2階では季節の食材と同調味料を使ったデモンストレーションスタイルの料理セミナーも行う。1回約2時間。茶谷社長は「調味料の使い方は説明するだけでは伝わりにくい部分もある。食材の切り方、味付けの仕方などを実際に見て、聞いて、召し上がっていただく中で、日々の暮らしにどう取り入れていくのか、ゆっくり体験し感じてもらえたら」と話す。

 「夏はジャージャーうどん、デラウエアとしょうゆもろみを合わせたソースで楽しむ鶏肉のソテーなど、夏バテ、熱中症予防にもなるレシピを、薬膳の考え方も取り入れながら提案する。食生活を見直すきっかけにもなれれば」とも。

 濃厚な牛乳を合わせた「しょうゆもろみソフト」や「しょうゆもろみパフェ」も店内で提供。今月15日~8月26日までは夏休み企画として週末限定で先着30人にソフトのミニサイズを無料提供する。

 茶谷社長は「オープンから早速30~50代を中心に足を運んでくださり、思った以上に発酵食品への関心が高まっていると感じた。日々の料理に手軽に発酵食品を使ってもらうことで心や体を整える、そんな暮らしを提案していければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時。7月の料理セミナーは、7日~13日の毎日11時30分~(7日と11日のみ19時~もあり)。料金は5,000円(料理、テキスト付き)定員10人。2日前までに要予約。