天気予報

29

19

みん経トピックス

吉祥寺カフェスタンド閉店三鷹のカフェが1周年

吉祥寺パルコブックセンターで久住昌之さんトーク 新刊発売で、サイン会も

吉祥寺パルコブックセンターで久住昌之さんトーク 新刊発売で、サイン会も

久住昌之さんの新刊「線路つまみ食い散歩」の表紙

写真を拡大 地図を拡大

 パルコブックセンター吉祥寺店(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-21-8122)特設会場で6月17日、久住昌之さんの新刊「線路つまみ食い散歩」刊行を記念したトーク&サイン会が開催される。

 久住さんは1958(昭和33)年、東京出身。イラストやデザイン、エッセー、作詞、作曲など多方面で活動する。谷口ジローさんとの共著で、ドラマ化もされた「孤独のグルメ」は現在シーズン7まで続き、劇中音楽も自ら制作する。

 カンゼンから5月21日に発売となった同書は、久住さんによる散歩紀行。担当の森哲也さんは「ガイドブックやスマホに頼ることなく、観光名所を調べるわけでもなく、ただ線路を伝って歩く自由な散歩紀行」と話す。

 「旅の手帖」(交通新聞社)の連載に加筆した前作「ニッポン線路つたい歩き」の続編。今回は秋晴れの弥彦線(新潟県)や、晩秋の流山線(千葉県)、武豊線(愛知県)、カーテン付きのディーゼル車「フルーツライン」が走る左沢(あてらざわ)線(山形県)など全国各地17の線路沿いを歩く。288ページで価格は1,600円(税別)。

 「旅先での思いがけない美しい風景や人、食事、酒、風呂との出合いなど、小さな感動を久住節でつづっている。本人が撮った独特の写真も満載で、思わず旅に出掛けたくなるようなエッセーとして楽しんでいただけるのでは」と森さん。

 参加は同店で同書籍を購入した人が対象。トークイベント終了後、サイン会を行う予定。「同書に絡めた散歩の話から、『孤独のグルメ Season7』の裏話などここでしか聞けないトークショーになるのでは」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は15時~17時。店頭・電話で要予約。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉祥寺にイタリアンレストラン「ボンジョリーナ」 池ノ上の姉妹店、4店舗目「ボンジョリーナ」で人気の定番パスタメニュー「エビのレモンクリーム」
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング