買う

パルコブックセンター吉祥寺で雑誌「Numéro Tokyo」パネル展 荒木経惟さんの写真も

パルコブックセンター吉祥寺特設会場で開催中の「Numéro Tokyo Gallery」の様子

パルコブックセンター吉祥寺特設会場で開催中の「Numéro Tokyo Gallery」の様子

  •  
  •  

 パルコブックセンター吉祥寺店(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-21-8122)特設会場で現在、インターナショナル・モード誌「Numéro TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)」(扶桑社)最新号とコラボし、パネル展示と関連書籍を集めた「Numéro TOKYO Galley」が開催されている。

 1999年にフランスで創刊された「Numéro」の日本版として2007年に創刊した同誌は、フランス版同様、新しい生き方や考え方、人生の価値観を提案するような、ファッション、ビューティー、建築、アート、人物など独自の視点で表現したビジュアルとコンテンツを掲載する。

[広告]

 最新号の115号は「Amore」がテーマ。ファッションアイテムのほかクリエーターたちがプライベートで夢中になっていることや、ネコなどさまざまな愛すべきものを集めた。

 写真家・荒木経惟さんは、映画「東京日和」で自身の妻・陽子役を演じた中山美穂さんと初のフォトセッションを展開。映画、ドラマ、CMで俳優として活動する斎藤工さんや、音楽という新たな表現に挑戦する俳優・菅田将暉さんへのインタビューもあり、会場ではその写真パネルを見ることができる。

 同誌編集部の水戸美千恵さんは「当誌で過去に荒木さんが撮影したジュエリー、シューズ、人物などの写真も特別展示する。バックナンバーもそろえているので、最新号と合わせて楽しんでもらえたら」と話す。

 同店の木幡さんは「荒木さんの写真集のほかに新書『写真ノ説明』や、連載に合わせ、見城徹さんの『たった一人の熱狂』、峰なゆかさんの『アラサーちゃん』なども用意している。犬やネコにまつわる本も並べているので、気軽に立ち寄ってもらえたら」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時(最終日、展示は19時終了)。14日15時~17時は別イベント開催のため観覧不可。3月26日まで。

  • はてなブックマークに追加