学ぶ・知る

吉祥寺で「脱原発ウォーク」開催へ-井の頭公園をスタートし街を巡回

前回開催時の様子

前回開催時の様子

  •  
  •  

 子どもの安全を求めた脱原発デモ「パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹」が4月22日、行われる。井の頭恩賜公園(武蔵野市御殿山1)西園をスタートし、武蔵野公会堂(吉祥寺南町1)を目指して街を巡回する予定。主催は放射能から子どもを守りたいパパ・ママの会で、開催は2回目。

 同団体代表の紫野さんは「前回開催時は小雨であいにくの天候にもかかわらず、およそ800人の参加者が集まってくれて驚いた。これまで子どもを連れて親が気軽に参加できる脱原発デモがあまりなかったので参加者からも『こういうデモなら参加したい、またやってほしい』という意見が数多く寄せられ、ツイッターなどで個人の意見を発信するだけでなく、実際に声を上げて行動したいと願う地域の人たちがこんなにいたんだと励みになった」と振り返る。

[広告]

 「現在子どもを育てている人たちの先の見えない不安は大きく深刻なのだとあらためて実感した。一人一人の声は小さいかもしれないが、多くの仲間が集まれば、必ず大きな力になる。そのきっかけづくりを今後も永く続けていきたいと強く思った」とも。

 デモでは「内部被ばくにつながる現在の安全基準を見直した食の安全」「子どもたちが安心して暮らせる環境づくり」「現在日本にある54基の原発すべての廃炉と新しい自然エネルギーへの転換」を求めて行進する。

 黄色をイメージカラーとし、子どもには当日、黄色いスマイル風船を配る。「もし可能であれば黄色いものを身に着けて来てもらえるとうれしい」と紫野さん。「子どももパパママも若者も独身の人もおじいちゃんおばあちゃんもどんな職業の人も、『子どもを守りたい』という、この一点でつながることができれば」と参加を呼び掛ける。

 13時集合、15時終了予定。雨天決行。

  • はてなブックマークに追加