食べる

吉祥寺のレストラン「八十八夜」 テークアウトメニューを刷新

取り置きごはんメニューは唐揚げなど数種類。すべて1,000円。

取り置きごはんメニューは唐揚げなど数種類。すべて1,000円。

  • 12

  •  

 カフェ・ダイニングレストラン「八十八夜」(武蔵野市御殿山1、Tel0422-24-9490)がコロナ禍に対応したテークアウトメニューを1月にリニューアルした。

吉祥寺のレストラン「八十八夜」 テークアウトメニューを刷新

 「からだにやさしいごはんとおのみもの」をコンセプトに掲げる同店、オーガニック系飲食店のパイオニアとして吉祥寺に誕生し21年を超えた。今や吉祥寺のオーガニック系飲食店としては老舗の顔だ。お料理からおつまみまでの食材は、ミシュランスターのレストランに卸していることで知られる「築地御厨」の内田悟さんの選択による野菜が軸。さらに国産の肉、魚の素材を使い多様な和食系メニューが作られる。

[広告]

 『お取り置きごはん』(お弁当)・単品サイドメニューは11時~19時30分まで注文が可。

 お弁当は店内で食べられるランチプレートより副菜が1品多く、50円安いが、店内だとドリンクが付く。どちらもサラダは付いており、日替わりで自家製ドレッシング(柚子・梅・胡麻・プレーン)も付く。メニューは、「8種のお野菜カレーBOX」「サクサク!からあげBOX」、ローストチキンなどが入った「週替わりごはんBOX」があり、全て1,000円。

 「『お取り置きごはん』は、スタッフ同士で今できることを考え、「晩ごはんのおかずセット」が追加された。「お弁当は、仕事の休憩時間や自宅でのランチ、息抜きや気分転換に当店の弁当を食べてもらえたらと始めた」が、コロナ禍が続く中、「お客さんに何度でも飽きずに楽しんでもらえるように、内容をリニューアルした」と副店長の久保島さん。店内メニューのディナータイム限定「季節のお料理」は、「お一人様でも使いやすいように」(久保島さん)と、新たに加えられたメニューだそうだ。

「晩ごはんのおかずセット」と「夜ごはんセット(彩りサラダ・副菜2品・選べるメイン料理・選べる炊き込みご飯)」の2つとも17時~お渡し可。ただし、要予約(希望時間の30分前までに)の商品となる。(各種お弁当とサイドメニューは、11時~閉店まで可)

「晩ごはんのおかずセット」は、お味噌のラタトゥイユ、芽キャベツのペペロンチーノ、チキンの照り焼き、ブロッコリーのフリット、
「季節のお料理」などのおかず5種類が日替わりで盛りだくさんに詰め込まれていて、ご自宅で気軽に「八十八夜ディナー」を楽しめる。さらにプラス1,000円で、同店の人気メニュー「炊き込みご飯」もセット可。

 ドリンクも新メニューが提供された。「ホットスパイシーチョコレート」(760円、テークアウトは740円・期間限定)は、オーガニックチョコレートと、定番人気として知られる八十八夜自慢のジンジャーソースをたっぷり使って作った大人向けのホットチョコレート。

 「八十八夜のテークアウトメニューで、家でも当店の味を楽しんでもらえたら」と来店を呼びかける。

 営業時間は、11時~17時ランチ、17時~20時ディナー(注:緊急事態宣言機関の営業時間。営業時間は変わることがあります。お問い合わせください)。対策がされた店内飲食の営業と共に、テークアウトやUberEatsも行う。