買う

吉祥寺のジュンク堂書店と「ブックマンション」コラボ 棚主選ぶ「贈りたい本」

「ジュンク堂書店吉祥寺店」で行っているフェアの様子。手書きのポップや飾り付けは全てコラボする「ブックマンション」棚主たちの手によるもの

「ジュンク堂書店吉祥寺店」で行っているフェアの様子。手書きのポップや飾り付けは全てコラボする「ブックマンション」棚主たちの手によるもの

  • 65

  •  

 「コピス吉祥寺」(武蔵野市吉祥寺本町1)B館にある「ジュンク堂書店吉祥寺店」(TEL 0422-28-5333)の6階で現在、「ブックマンション」(吉祥寺本町2)とコラボしたブックフェアが開催されている。

「たいせつな人に贈りたい本」をテーマに、各棚主が選んだ本が並ぶ

 2019年7月にオープンした「ブックマンション」は地下1階が書店になっていて、店内に並ぶ箱型の棚を約80人が借り、各自セレクトした本を並べ販売している。今回のコラボは「ジュンク堂書店」の田村知世さんが、夏に同店に足を運んだことがきっかけで実現した企画。「小さいスペースながらどの棚からも『本が好き』という思いが伝わってきて、初心を思い出すような新鮮な気持ちになった。同施設を手掛ける中西さんに相談したところ快諾いただいた」と振り返る。

[広告]

 「2017(平成29)年に、吉祥寺にゆかりのある方々に『人生で忘れられない一冊』を教えてもらって行ったフェア『吉祥寺な人たちの一冊』が好評だったこともあり、この地域ならではの展開ができたら、という思いもあった」とも。

 31日までは「たいせつな人に贈りたい本」をテーマに、11の棚主が選んだ本が並ぶ。「お薦めコメントを書いたPOPや棚を飾るものなど、皆さん自ら準備し楽しみながら棚を作ってくださった。普段あまり店頭に並ばないような本もあり、出版社や当店のスタッフも驚いたりうれしく思ったりしている。何度か足を運んで手を入れてくださる棚主さんもいて、熱い思いが棚から伝わってくるよう」と田村さん。

 来年1月2日からは「2021年に読みたい本」をテーマに展開する。「『参加したいという棚主さんがとても多い』と中西さんに聞き、新たなテーマで棚主を入れ替えて行うことにした。いつもとひと味もふた味も違うラインアップから、お気に入りの一冊に出合ってもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時(31日は18時まで)。1月1日休み。