食べる 学ぶ・知る

リプトン「フルーツインティー」が吉祥寺初出店 夏期限定で紅茶のパフェ氷も

アトレ吉祥寺「Sign吉祥寺」店頭に設置した「Fruits in Tea」の専用スタンド

アトレ吉祥寺「Sign吉祥寺」店頭に設置した「Fruits in Tea」の専用スタンド

  • 9

  •  

 「Lipton TEA STAND Fruits in Tea」が7月22日、アトレ吉祥寺(武蔵野市吉祥寺南町1)本館1階「Sign吉祥寺」に期間限定でオープンした。提供はユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング(目黒区)。

ライムやミントを入れた「フルーツインティー」と紅茶を使った「パフェ氷」(東京限定タンブラー)

 2016(平成28)年7月、夏期間限定店としてスタートし5年目を迎える同店。表参道などで営業してきたが、「新たな紅茶の楽しみ方を、この地域に広く伝えたい」と吉祥寺へ初出店した。他に代官山と大阪も。コロナ禍の時期だからこそ「紅茶のひんやりスイーツなどを通して夏を楽しく過ごしてほしい」と、今年のテーマは「HAPPY!」とした。店頭に黄色の専用スタンドを設け、奥のカウンターで注文を受ける。

[広告]

 今年新登場の「パフェ氷」は、「シャリシャリした」フローズンの紅茶に、氷とフローズンフルーツを加え、東京限定などのロゴ入りオリジナルタンブラー(1,000 円)に入れた持ち運びできるかき氷。パッションシロップにレモン、オレンジ、キウイのフローズンをトッピングした「Passion Fruits」(1,200円)、蜂蜜ミルク(150円)と、ストロベリーシロップにストロベリー、オレンジ、ライムのフローズンをトッピングした「Strawberry」(1,200円)、練乳ミルク(150円)の2種類を用意する。水出しのオリジナルアイスティーにフルーツやハーブを入れた「Fruits in Tea」は「Refresh, Strawberry!」「Beauty, Raspberry!」も用意するが、自分で味を選ぶカスタムメニューとなる。組み合わせは約4万通り。タンブラー(1,000円)、カップ(600円)を選んで注文する。ベースティーは初登場のルイボス&ホワイトピーチティーなど4種類から1種類、ベースフルーツはライムなど4種類から1種類、トッピングフルーツはラズベリー、マンゴーなど4種類から2種類、スペシャルアクセントはミントなど4種類から1種類、シロップはサトウキビなど4種類から1種類を選ぶ。スタッフの笹俣香名さんは「紅茶はトッピングするミルクとの相性も良い。シロップを入れても甘すぎない。フルーツと混ぜ合わせると味わいが変わってくる。いろいろな味を楽しんでもらえたら」と話す。

 日替わりで2種類の「お代わりティー」を用意。氷が溶けるまでなら何度でも無料で提供する。これまで実施したタンブラーの持ち込みは安全面を考慮し中止とする。環境への配慮から紙ストローを提供する。

 「オープン前に距離を保って並ぶ列ができた。吉祥寺は老若男女がそれぞれに街を楽しむ場所。井の頭公園もあるので、夏限定の紅茶を気軽に街に持ち出してほしい」と来店を呼びかける。

 営業時間は11時~20時。9月13日まで。

Stay at Home