3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 学ぶ・知る

吉祥寺「kahahori」で「谷野明子 マルヤマウエア 二人展」

谷野さん(左)とマルヤマウエアさん(右)の器

谷野さん(左)とマルヤマウエアさん(右)の器

  •  
  •  

 吉祥寺駅公園口から徒歩3分、弁天通り沿いにある器のセレクトショップ「kahahori(かはほり)」(武蔵野市吉祥寺南町2、TEL 0422-90-7081)で6月27日から、谷野明子さんとマルヤマウエアさんの二人展が開催される。

 同展を企画した店主の上松美保さんは「神奈川県葉山町で作陶し、物語を連想させる絵付けが魅力的な谷野さん。備前の素材を主に使い、岡山県で作陶するマルヤマウエアさん。かわいさがありながら、作り手のこだわり、世界観が広がる2人の作品が共にあればすてきだなと思い当展を企画した」と開催の経緯と作品の魅力を話す。「2人の作風はうっ屈とした日々に新たな息吹をもたらす。この機会に、ぜひ来店いただければ」と呼び掛ける。

[広告]

 約400点出品。谷野さんは鳥と草花の絵皿に加え、染付皿や型ものの器なども並ぶ予定。マルヤマウエアさんは定番の三島皿に加え、ターコイズブルーのうわぐすりを使った取手の付いたものや高さのある花入れ、ゴブレットなども並ぶ予定。

 会期中の営業時間は12時~20時。7月5日まで。谷野さんは6月27日・28日、マルヤマウエアさんは28日、在店予定。

 来店時はマスク着用、風邪のような症状がある人や体調が優れない人の入場は断る場合もあり。混雑時は入店を制限する。6月29日より、通販も行う。詳しくはインスタグラムで確認できる。

Stay at Home