食べる 暮らす・働く

カフェと美容室併設 吉祥寺「mito」が3周年 雑貨販売も

末広通りに面した「mito」の外観。入り口の奥に美容室。窓奥にはカフェのカウンターがある

末広通りに面した「mito」の外観。入り口の奥に美容室。窓奥にはカフェのカウンターがある

  •  

 カフェと美容室を併設する吉祥寺の「mito」(ミト)」(武蔵野市吉祥寺南町2、TEL 0422-26-7172)が末広通りにオープンして3年が過ぎた。

 祖母が吉祥寺在住でカフェを担当する店長の鈴木美登里さんは末広通りで母親と6年続けた「和風ロールキャベツなど手料理を出すホッとできる雰囲気のカフェ」を出産のため閉店。なじみの客からの要望もあり、結婚した美容師の直人さんと共同で店を持ちたいと2015年、土地勘もある同じ通りに店を開いた。「吉祥寺で店を探していた時、美容室跡の物件と巡り合ったタイミングもある」と鈴木さん。店名は長男の実杜(みと)から名付けた。

[広告]

 店にはキッチン前と窓に面した場所にカウンター席、2人掛けのテーブル2卓を用意。カフェメニューは自家焙煎(ばいせん)コーヒー店「MOTO COFFEE」で配合したmitoオリジナルブレンドコーヒー(500円)、紅茶、カフェ・オレ、ロイヤルミルクティー(以上550円)、マシュマロロイヤルミルクティー(冬季限定600円)、ハートランド、赤白ワイン(各500円)、季節のケーキ(500円~)、こがしキャラメルなどオリジナルアイスクリーム(300円~)など。食事はホットサンドプレート(850円~)、きまぐれ丼(950円~)を提供、手作りの焼き菓子も販売する。

 奥の美容室は3席の完全個室で、表参道のサロンから独立した直人さんがスタイリストとしてカット、パーマ、カラー、セットなどを施す。

 店内では鈴木さんの妹で店のロゴマークを手掛けたデザイナーの浜あずささんが作る一筆箋やメッセージカード、パート・ド・ヴェールの手法で店のランプを作った「Gallery R」のガラス食器なども販売する。

 鈴木さんは「今は子育てのリズムに合わせて営業している。落ち着いて一人一人に丁寧に接客し、吉祥寺のこの場所に来てくれるお客さまにゆったりした時間の流れを伝えたい」とほほ笑む。

 営業時間は、カフェ=11時~17時(日曜・月曜定休)、ヘアサロン=10時~22時(月曜定休)。