自然食料品店経営のレストランでオーガニックボジョレ

老舗自然食料品店の直営レストランでオーガニック・ボジョレ解禁

老舗自然食料品店の直営レストランでオーガニック・ボジョレ解禁

  •  

 自然食料品店グルッペを運営するリアル総業(杉並区)は11月16日、同社直営レストラン「オーガニック ベジタブル レストラン グルッペ」(杉並区荻窪5、TEL 03-3393-1224)でオーガニックボジョレ・ヌーボーの提供を開始する。

 提供するワインは「リュクロ・ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーボー」で、一つ一つ手摘みされた「ガメイ種」100%を使用。無添加で防腐剤は含まれていない。価格は、グラス1杯=700円、ボトル=4800円。ボジョレ・ヌーボー解禁日にあたる同日のディナータイムより提供を開始する。同社担当者は「野菜と一緒で、信用のおける良心的な生産者の方から仕入れている。フレッシュで口当たりがよく、昨年好評だったため今年も入荷した」と話している。

[広告]

 同社は1977年、荻窪で創業。自然食料品店の老舗「グルッペ」を荻窪本店、吉祥寺、三鷹で展開するほか、同レストランを運営する。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分(土・祝日は~15時)、ディナー=17時30分~22時。ラストオーダーは30分前まで。日曜定休。

自然食料品店グルッペ