吉祥寺にネパールカフェ姉妹店-野菜を使ったスパイス創作料理提供

「日替わりカレーランチ」、きのこのキーマカレーライス(1,000円)

「日替わりカレーランチ」、きのこのキーマカレーライス(1,000円)

  •  
  •  

 吉祥寺の「Sajilo Cafe(サジロ カフェ)」の姉妹店「Shiva Cafe SHAKTI(シヴァカフェ シャクティ)」(武蔵野市吉祥寺北町3、TEL 0422-36-1521)が11月8日、五日市街道沿いにオープンした。

 サジロ カフェは昨年5月にオープンしたカフェ。スパイスの効いたカレーやネパール料理を提供する。ネパールの街角にあるようなチャイ屋さんをイメージし、素朴な雰囲気に仕上げたという。薄緑のタイル張りのカウンターやガラスの扉が特徴。

[広告]

 シヴァカフェ シャクティは、「ネパールやインド的菜食スローライフの提案」をコンセプトに、新鮮な野菜を多く使用したスパイス創作料理を提供する。

 店名は、店主のneelさんが昔から敬愛しているというヒンドゥーの神様「シヴァ」に由来する。白と茶色を基調とした店内には大きな鏡を備え、廃業した銭湯「鶴の湯」の廃材を随所に取り入れた。「国を問わず、懐かしく、温かい人の手によって使い込まれた古道具やアンティーク雑貨を集めた」という。店舗面積は9.5坪で、席数は全20席。

 「日替わりカレーランチ」(1,000円)は「きのこのキーマーカレーライス」や「大根とチキンのカレーライス」などに自家製ピクルスが付く。「日替わりスープセット」(980円)は「カリフラワーときのこのジンジャーポタージュ」や「ニンジンのポタージュ」に、天然酵母の全粒粉パン「チャパティ」と「サラダ」が付く。「日替わりスパイスパスタorドリアランチ」(1,000円)は、「カボチャとクルミのドリア」や「ブロッコリーのネパール風スパイスペンネ(全粒粉)」などにサラダが付く。ランチメニューはすべてチャイまたはラッシー付き。

 ドリンクは季節限定「ホットスパイシーチョコレート」(600円)、「スムージー(ベリー/マンゴー)」(650円)、自家製りんごシロップ入り「ホットワイン」(650円)など。デザートは、「さつまいものチーズケーキ」(500円)、「りんごとくるみのケーキ バニラアイス添え」(600円)、「ショウガのチョコケーキ」(500円)など。

 オーナーの川井さんは「吉祥寺という街が好きで、そこに自分たちの好きな空間を作りたかった。来年からは、雑貨の販売、アロマやアーユルヴェーダのワークショップ、展示会などのイベントを行いたい」と話す。「大通りに面しているのでわざわざバスを途中下車して店に入ってきてくれる人がいてうれしい。駅から少し遠いが味も空間も満足度の高いものを提供し、いい時間を過ごしてもらえるよう頑張っていく」とも。

 営業時間は12時~22時(ラストオーダー=21時)。水曜定休。現在、今月24日・25日限定のクリスマスディナーの予約も受け付けている。コース内容は、食前酒、前菜3種、スープ、チャパティまたは雑穀ごはん、メーンディッシュ(タンドリーチキンなど)、デザート、ホットチャイ(3,000円)。前菜1種の2,500円のコースも用意。受け付けは21日まで。

  • はてなブックマークに追加