3密を避けて新しい生活様式へ!

吉祥寺ロンロンが来春「アトレ吉祥寺」に-年商276億円見込む

アトレ吉祥寺(イメージ)

アトレ吉祥寺(イメージ)

  • 0

  •  

 アトレ(渋谷区)は11月10日、商業施設「吉祥寺ロンロン」(武蔵野市吉祥寺南町1)を「アトレ吉祥寺」として2010年4月にリニューアルオープンすると発表した。

 吉祥寺ロンロンは、1969(昭和44)年12月に開業。地上2階地下1階で、店舗面積=13,200平方メートル、延べ床面積=約32、200平方メートル。店舗数は238店。吉祥寺駅の1日の平均乗降人員はJR東日本28万6,356人。

[広告]

 旧株式会社吉祥寺ロンロンは、JR東日本グループの駅ビル再編に伴い、2007年4月に同社と合併した。吉祥寺駅の改良、耐震補強工事と併せた大規模改装の検討を重ね、今回のリニューアルに着手する。

 リニューアル後は、従来の主要顧客40代以降に加え、吉祥寺の主要来街者である20代後半~30代にも幅広く支持されるラインアップを目指すという。老朽化した店内、狭く分かりづらい売り場導線を改善し、館内各所に「心地よい」広場を配置。リニューアルエ事に伴い、各種の設備更新を行うことで、C02排出量を年間約13%削減するという。

 アトレ吉祥寺のフロア構成は、2階=「ライフスタイルショップゾーン」、1階=「楽しい食のシーンを提案するゾーン」、地1階=「ファッションと雑貨のゾーン」「レストランゾーン」。

 リニューアルコンセプトは「『私のいつも』を満たす場所」。ターゲットは「ナチュラル&シンプルで、心豊かな暮らしを志向するオトナたち」。環境デザインコンセプトは「Station Ramblling~ 街に広がる遊歩道~」。駅と街との連続性・回遊性を高め「ゆったりと散策できる」環境作り、フロアのグリーンや生花を配置し、来店客が「安らぎや心地よさを感じられる、『ほっとできる』空間」を目指す。

 2010年4月に第1期オープン(工事期間=2009年10月~2010年3月)、秋に第2期オープン(工事期間=2010年4月~8月)を予定。第1期は2階をリニューアルする。店舗面積は約2,600平方メートルで、店舗数は約40店。第2期は1階、地下1階、エキサイツ館をリニューアル。店舗面積は約9,800平方メートル(計約12,400平方メートル)で、店舗数は約190店舗(計約230店舗)。2008年度の売り上実績は年商274億円、リニューアル後は年商276億円を見込む。

 同社広報担当者は「アートや音楽など吉祥寺ならではの魅力を取り入れたイベントを積極的に展開していく。また駅と街をつなぐショッピングセンターの新しいスタイルの提案、地域との共生を目指す」と話す。

Stay at Home