井の頭公園にギャラリー併設のカフェ-ガレット中心に

  • 0

  •  

4月24日、井の頭公園に画家の吉田キミコさんがオーナーでギャラリー併設のカフェ「うさぎ館」(武蔵野市御殿山1、TEL 0422-43-0015)がオープンした。吉田さんは同じく井の頭公園にある「カフェ宵待草」(三鷹市井の頭3)のオーナーでもある。同店は公園と住宅街のちょうど境目に位置する森の中に位置し、4月末に1階部分を「カフェ・デュ・リエーヴル」としてオープンし、今後2階と地下1階を絵画や写真などの常設ギャラリーとして運営していく予定。カフェは全てオープンテラスで、全部で16席。店名の「リエーヴル」はフランス語で「野うさぎ」を意味し、森の中にいるうさぎ=子供というイメージに由来するという。「最近は井の頭公園内で子供が遊ぶ場所が少なくなってきている。ここを訪れる人にとって、気軽にくつろげて、子供が遊べる場所になればいい」とオーナーの吉田さんは話している。メニューは、吉田さんが仕事で訪れることの多いフランスの郷土料理ガレット(そば粉で作ったクレープ)が中心。フレッシュトマトときのこ、夏野菜のトマト煮、生ハム卵などを具に包んだガレットにスープが付いて980円。そのほか、ハチミツレモンのケーキやショコラフランボワーズなどのスウィ―ツやドリンクも提供している。定休日は火曜日。営業時間は11時~19時。(夏季は時間変更あり)

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加