吉祥寺老舗焼鳥店「いせや」をテーマにした絵画展

いまだに人気の衰えない「いせや」の象徴「提灯」も地元では長く愛されてきた

いまだに人気の衰えない「いせや」の象徴「提灯」も地元では長く愛されてきた

  • 0

  •  

 ヨドバシ吉祥寺の裏手にあるスナック「銅楽」(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-21-0742)は、絵画展「いせや、on my mind」を開催している。

 同展は、吉祥寺出身の画家・満田博久さんが、老舗焼鳥店「いせや総本店」をテーマに描いた油絵を展示・販売しているもの。満田さん自身も「いせや」の常連客だったという。「いせや」は、2006年老朽化のため取り壊しとなり、現在建て替え中のため、「もう見ることのできない木造の店舗が描かれた作品は、昔を懐かしんで見に来るお客様も多い」(同店スタッフ)。

[広告]

 同店はスナックとして営業しながら、店内のスペースを利用して、3カ月ごとに絵画や版画などのさまざまな展示を行っている。同スタッフは「声をかけてもらえれば、いつでもスペースを貸している。料金もかからないので、作品の発表の場として利用してもらえれば」と話す。

 営業時間は19時~24時。日曜定休。3月14日まで。

セカンドライフ「吉祥寺SIM」に「バーチャルいせや総本店」が登場(吉祥寺経済新聞)焼き鳥「いせや」仮店舗オープン-早くも常連客でにぎわい(吉祥寺経済新聞)老舗焼き鳥店「いせや」、建て替えで仮店舗オープンへ(吉祥寺経済新聞)

  • はてなブックマークに追加