食べる 買う

吉祥寺で35年「ソイビーンファーム」が移転 みそ販売スペース広げる

大正通りから中道通りの路地を入った場所に移転したソイビーンファームの外観

大正通りから中道通りの路地を入った場所に移転したソイビーンファームの外観

  • 31

  •  

 吉祥寺の中道通りから路地を入った道沿いに全国から仕入れたみそを量り売りする専門店「ソイビーンズファーム」(武蔵野市吉祥寺本町2、TEL 0422-21-0272)が5月1日、老朽化したビルの取り壊しで大正通りから移転してリニューアルオープンした。

ずらりと並んだ味噌をじっくり選べるスペース

 1920(大正9)年創業で株式会社として100年続く「吉中味噌味噌(みそ)醤油(しょうゆ)」(愛知県武豊町)4代目の土平哲生さんが、日本橋三越のみそ部門勤務などを経て、昭和61(1986)年に店長としてオープンした同店。1985(昭和60)年には渋谷、2001(平成13)年に新宿にも出店したが、撤退。販売だけでなく、みそを使った料理を提供してきたが、「何屋さんなの分かってもらえず」苦戦が続いたという。それでも続けてきたのは、「みその良さは絶対分かってもらえるとの思いがあるから」。新宿店で買った「辛子みそ」を探して同店にたどり着き、500グラムを2個購入した客が「1個は亡くなったばあさんの仏壇に供えると涙ながらに話してくれた」ことなど「常連に支えられてここまで来た」と話す。

[広告]

 店舗面積は13,5坪。内装は長女夫婦に任せたが、床と空調には土平さんがこだわって決めたという。「SOYBEAN FARM」のロゴマークが入る常滑で焼いたみそ壺の白を基調とした明るい店内には販売コーナーを設置。「3組が同時に選べるようスペースを広くした」と土平さん。オープンキッチンを備え、飲食スペースに、テーブル3卓、ソファ席と椅子6脚を用意する。

 みそは「上田吟醸白みそ」(500グラム1,500円)、「信州小諸みそ」(同800円)など日本各地の甘口から辛口まで32種類を常時そろえる。量り売り用に300グラム、500グラム、1キロの紙カップを用意。価格表示は300グラム、500グラムだが、100グラム単位で販売。容器を持ち込むこともできる。「どんな料理にも対応できる種類をそろえている。自家用だけでなく、ノベルティーやギフトにも使ってもらえたら」と土平さん。

 みそスープで煮込んだロールキャベツは定番の「白みそ」(1,.000円)、「辛子糀みそ」「八丁赤だしみそ」など6種類から選べる「お好み」に「みそ漬け豚ロースのサラダ」が付くセット(1,.300円)や「みそかつミニスープ付き」(1.000円)など。全てにライスかパンが付く。西京みそを使ったチーズケーキ、コーヒー、紅茶(ホット・アイス)(以上400円)なども用意する。

 「大正通りで35年。お客さまは年配の方が圧倒的で、亡くなられた方も多い。コロナの影響で外出できないので客数は減ったが、移転したら近所の常連さんから『続けてもらえて良かった』と声を掛けられる」と土平さん。「店はおしゃれっぽくなった。若い方にもその良さを分かってもらえるよう、じわりじわりと宣伝していきたい」とほほ笑む。

 現在の営業時間は11時30分~15時(ランチ)、15時~17時(ティー)、17時~19時(ディナー)。月曜定休。コロナの影響により、当面はこの閉店時間となる。 

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース