食べる

三鷹にタピオカ専門店「チャナイス」 日本食材使いメニュー32種

三鷹の「CHA nice(チャナイス)」で提供する「伯爵紅茶タピオカミルクティー」

三鷹の「CHA nice(チャナイス)」で提供する「伯爵紅茶タピオカミルクティー」

  •  
  •  

 台湾タピオカ専門店「CHA nice(チャナイス)」(三鷹市下連雀3)が三鷹駅南口エリアにオープンして1カ月がたった。

「CHA nice(チャナイス)」の外観

 運営は中華料理店や和食居酒屋を展開する富沢商事(足立区)。富沢昌弘社長がこれまでタピオカ専門店のフランチャイズ展開に携わる中で、「海外からのものではやっているが、もっと日本人に愛されるように、安心安全でおいしいものを届けたい」との思いから出店した。

[広告]

 出店のきっかけについて富沢社長は、「住みやすい街として人気が高い吉祥寺にも隣接する三鷹駅周辺は学校も多く、たくさんの学生さんにタピオカを楽しんでいただけたらと考えた」と話す。

 北海道産の牛乳、沖縄県産の黒糖、国産の茶葉など日本の食材を使い、全32種を提供する。メニューはタピオカミルクティーの「伯爵紅茶ミルクティー」(M=480円、Lサイズ=550円)、黒糖タピオカミルクティーの「黒糖ミルクラテ」(同550円、同650円)のほか、チーズクリームがのった「ももチーズクリーム」(同580円、同680円)など。タピオカや仙草ゼリー、ナタデココ、オレオなどトッピングを選べるほか、甘さ、氷の量を好みに合わせてカスタマイズもできる。

 富沢社長は「黒糖ミルクラテや河越ほうじ茶ミルクティーなどが人気。店内やカップ容器なども『かわいい』『インスタ映えする』と好評いただいている。オリジナルブランドとしてタピオカだけではなく、スイーツを広めていけたら」と期待を込める。

 営業時間は11時~22時。

  • はてなブックマークに追加