学ぶ・知る

吉祥寺のカフェでイラストレーターと訪問看護ステーション利用者がアート展示

「Blue Cat hand made products」「カフェ・ゼノン」でアート作品の展示会を開催

「Blue Cat hand made products」「カフェ・ゼノン」でアート作品の展示会を開催

  •  

 イラストレーターのイケヤシロウさんと「よつば訪問看護ステーション小金井」(小金井市)の利用者が作業活動を行うブランド「Blue Cat hand made products」が9月1日から、吉祥寺の「カフェ・ゼノン」(武蔵野市吉祥寺南町2)でアート作品の展示会「Blue Cat hand made products - Art Exhibition」を開く。

 イケヤさんは作業療法士として「よつば訪問看護ステーション小金井」の訪問看護を行い、同ブランドはそこの利用者と一緒に作業活動をしている中で生まれた。利用者自らデザインやテキスタイルを制作する。ペイントやハンドプリントを行い、トートバッグやプリント T シャツ、小物やポーチなどを店に卸している。

[広告]

 「さまざまな作品を通じて障がい者、健常者の隔たりなく各作品を見て、楽しんでいただければ。作品から何かを感じてほしい。作品を見ていただくことが、障がい者を含む私たちの表現であり、社会とのつながりでもある。吉祥寺という街はそれが自然にできる街だと思う」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~24時。同30日まで。