食べる 買う

エミオ武蔵境に「ぽんでCOFFEE」 初のテークアウト専門店

一口パン「ぽんで」と自家焙煎(ばいせん)スペシャルティコーヒー専門店「ぽんでCOFFEE エミオ武蔵境店」

一口パン「ぽんで」と自家焙煎(ばいせん)スペシャルティコーヒー専門店「ぽんでCOFFEE エミオ武蔵境店」

  •  

 武蔵境駅の商業施設「エミオ武蔵境」(武蔵野市境南町 2)1階に6月28日、一口パン「ぽんで」と自家焙煎(ばいせん)スペシャルティコーヒー専門店「ぽんでCOFFEE エミオ武蔵境店」がオープンした。経営はリグロ(豊島区)。

 同店は「ぽんでCOFFEE」2号店でテークアウト専門店として経営する。看板メニューのタピオカ粉を使った一口パン「ぽんで」とコーヒーを販売する。

[広告]

 商品は「ぽんで」(各種1個80円、5個370 円、10個720 円)。ブレンドコーヒー(500円)、アイスコーヒー(400円)、アイスカフェオレ(500 円)、本格コーヒーゼリー「匠」(450 円)、コーヒー豆(100グラム当たり500 円~750 円)など。同社の白鳥さんは「自宅で朝食やおやつに、さまざまなシチュエーションで『ぽんで』をつまむ。そうしたライフスタイルが根付いてほしいという思いを込めている」と話す。

 「当店の『ぽんで』は独特のモチモチ食感と、多彩な色合いとフレーバーが楽しめる個性的な商品。中央線沿線は古くから個性的で新しいカルチャーも寛容に受け入れてくれる土壌があるので、『ぽんで』とコーヒーが沿線の文化として受け入れられるように頑張りたい。気軽に来店してほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。