天気予報

12

3

みん経トピックス

吉祥寺に北海道産乳製品の店吉祥寺で「七福神めぐり」

パリのスイーツ店「リベルテ」、吉祥寺に日本1号店 来年3月開店へ

パリのスイーツ店「リベルテ」、吉祥寺に日本1号店 来年3月開店へ

パリのスイーツ店「リベルテ」来年3月に日本上陸、1号店は吉祥寺

写真を拡大 地図を拡大

 仏パリに本店を構える「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(以下「リベルテ」)」が2018年3月24日、吉祥寺(東京・吉祥寺店=武蔵野市吉祥寺本町2)にオープンする。同店は、リベルテの世界展開1号店となり、レーサム(千代田区)がリベルテとパートナーシップを結び運営する。

 リベルテ・パリ本店は2013年、オーナーのミカエル・ベニシューさんによってパリ10 区にオープンした。「透明性」「親近感」「品質」というコンセプトでブランドを展開し、地域に愛される店づくりを目指す。菓子・パン工房がそのまま店舗となっているパリ本店の内装は「透明性」を重視。その場で職人が作ったもののみを販売し、使用している原料から製造工程まで、全てをオープンにして見えるような構成となっている。

 日本初出店となる東京・吉祥寺店はパリ本店のコンセプトを継承し、1階はパティスリー・ブーランジュリーキッチンと物販、2階はレストランとなる。

担当の篠崎さんは、吉祥寺を日本初上陸の地に選んだポイントとして、「閑静な住宅街」「交通の利便性」「バランスの取れた街並み」を挙げる。「吉祥寺には、人々のオアシスとして有名な井の頭恩賜公園をはじめ、学校も多く、充実した商店街がある一方、閑静な住宅街も広がっている。交通の利便性も良く、バランスの取れた街並みが幅広い世代から支持され、一度住むと他の場所に移りたくなくなってしまうような、大変魅力的な街と感じたため吉祥寺への出店を決めた」と話す。

 「リベルテは日常的に利用いただけるパティスリー・ブーランジェリーを目指す。パンやケーキはもちろん、買い物の合間や、友人・家族とのちょっとした集まりなどで使っていただければ」と利用を呼び掛ける。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

吉祥寺パルコで北欧ヴィンテージ食器と絵本企画 高円寺の書店らコラボ前回の様子。「えほんやるすばんばんするかいしゃ」が並べる絵本
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング