買う

吉祥寺にウェブサイト「藤巻百貨店」の実店舗 銀座に続く2号店

キラリナ京王吉祥寺内にある「藤巻百貨店」の店内

キラリナ京王吉祥寺内にある「藤巻百貨店」の店内

  • 42

  •  

 キラリナ京王吉祥寺(武蔵野市吉祥寺南町2)7階にある「京王百貨店」内に9月1日、「藤巻百貨店」(TEL 0422-24-7990)がオープンした。店舗面積は約16坪。運営はcaramo(渋谷区)。

店内に並ぶ、12ヶ月それぞれの色をそろえる琉球ガラスや豆皿

 2012年に元伊勢丹のバイヤーで、故・藤巻幸大(ゆきお)さんがプロデュースしたウェブサイト「藤巻百貨店」は、日本をテーマにデザイン性や使い勝手などから選んだ商品を数多く取りそろえ、販売する。

[広告]

 同店は、2016年3月に銀座にオープンした同サイト初の実店舗に続く2号店としてオープンした。スタッフの松永嘉那子さんは「銀座店は、靴や洋服などのサイズ感を確かめたいなど、実物を見てから購入したいという多くの声に応えてオープンした。より利便性が高まればと、当サイトをよく利用する方に『出店してほしいエリア』のアンケートを取ったところ、吉祥寺という回答が多くあった」と話す。

 40~50代の男性の利用が多い銀座店に比べると「当店はファミリー層にも足を運んでいただいている。京王百貨店内に出店したことで、すでに当店を知っていた方だけでなく、新しい客層にも広がったように思う」と松永さん。

 「配送料がかかる低価格の商品などを手軽に店頭で買ってくださったり、価格が高めの商品も、実際に商品を手に取ることで納得して購入してくださったりしている。サイトに掲載している説明に加え、また新たな話を店員が伝えることで、リピートしてくださる方も増えてきた」とも。

 銀座店でも人気のある商品のほかに、オープンを記念し、吉祥寺にちなんだ亀甲柄をイメージした豆皿や「HMAEN(アエナ)」のレザー財布など、別注、オリジナル商品も並ぶ。

 「泡の出方や色の混ざり方が一つずつ違う琉球ガラス『るりあん』などはお客さまがより好きなものを選べるように3つくらいお出しして見ていただいている。それぞれのデザインを見たり、手に取ったりしながら買い物を楽しんでもらえたら」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home