見る・遊ぶ 買う

吉祥寺パルコと井の頭自然文化園でスタンプラリー 絵はミロコマチコさん

ミロコマチコさんが絵を手掛けたスタンプラリー台紙

ミロコマチコさんが絵を手掛けたスタンプラリー台紙

  •  
  •  

 吉祥寺パルコ(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-21-8111)で8月1日から、井の頭自然文化園とコラボしたスタンプラリーが開催される。画家で絵本作家のミロコマチコさんが描いた動物を集める同イベントのほか、原画展やライブペインティングも行われる。

ミロコマチコさんのライブペインティング「おとのどうぶつ」

 同スタンプラリーは今年で4回目の取り組み。昨年は画家、絵本作家のきくちちきさんが台紙やスタンプのために絵を描き下ろした。今年のスタンプは、ミロコさんが描き下ろした同園の動物の絵が使われ、2会場を巡って動物を探しながらスタンプを集めると台紙の絵が完成する。動物を3つ集めた人にはオリジナルのバッジを進呈する。

[広告]

 担当の小堀玲奈さんは「描き下ろしていただいた原画は、勢いのあるタッチでとても色鮮やか。絵本など印刷されたものとはまた違った味わいを身近で楽しめるよう原画も展示する」と話す。

 ミロコさんは、生き物の姿を伸びやかに描き、絵本「オオカミがとぶひ」をはじめ、「オレときいろ」など国内外の受賞も数多くある。期間中、地下2階のパルコブックセンターでは、絵本「ヒワとゾウガメ」の原画や絵本、グッズ、ミロコさんが勧める絵本なども集めて紹介する。

 「ミロコさんは『うまいへた』ではなく『絵が好き』という気持ちを大切にする中で、絵を仕事にしてこられた。その強い思いや、楽しさも届けられたら」と小堀さん。

 8月20日は小林武文(パーカッション)を招き、ミロコさんによるライブペインティング「おとのどうぶつ」が同園彫刻館で行われるほか、サイン会もパルコブックセンターで開催予定。

 「いつも大きな絵を描かれることが多いが、台紙に描かれた細やかな井の頭の動物たちの絵を楽しんでもらえたら。夏休みに買い物や散策をしながら、ゆっくり回ってみては」と参加を呼び掛ける。

 スタンプは吉祥寺パルコ館内に3カ所、井の頭自然文化園に2カ所設置。8月27日まで(なくなり次第終了)。ライブペインティングの開催時間は15時~16時(予定)。文化園への入場料が必要(要事前予約)。原画展、絵本フェアは8月20日まで。

  • はてなブックマークに追加