見る・遊ぶ

井の頭恩賜公園で「三鷹の森フェス」 アーティストのライブや模擬店など

昨年の会場の様子

昨年の会場の様子

  •  

 井の頭恩賜公園の西園にある陸上競技場(三鷹市下連雀1)で5月5日、「三鷹の森フェスティバル2017」が開催される。

 同イベントは「三鷹の森ジブリ美術館」の開館を記念して2001年より毎年開かれている音楽フェス。例年は秋の開催だが、今年は井の頭恩賜公園の開園100周年を記念して行われる「井の頭恩賜公園100歳記念ウィーク」の記念イベントの一つとして開催される。

[広告]

 当日は木村弓&中川俊郎with羽鳥健、おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)、Schroeder-Headz、森恵さんのアーティスト4組によるライブを中心に、地元の店などによる模擬店や、三鷹市の姉妹・友好市町村による物産販売なども。ネイチャーガイドが案内する「三鷹の森自然かんさつ会」では、会場周辺の自然観察を楽しむことができる。

 みたか都市観光協会の戸塚さんは「ライブや模擬店など見どころが盛りだくさん。いのけん(井の頭公園検定)の有志によるクイズ出題や自然観察会など参加型のイベントもあるので、100周年の機会に園の歴史や自然について理解を深めながら楽しんでいただけたら」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時~17時。