吉祥寺ロンロンが「アトレ」運営の東京圏駅ビル開発に吸収合併

  •  
  •  

 駅ビル「LONLON(ロンロン)」を運営する吉祥寺ロンロン(武蔵野市吉祥寺南町2)は4月1日、東京圏駅ビル開発(渋谷区)に吸収合併される。

 駅ビル「atre(アトレ)」(恵比寿、目黒など11店舗)の運営を主体とする東京圏駅ビル開発は、吉祥寺ロンロン同様JR東日本グループに属する。合併は「グループ経営資源の効率化と最適化」(東日本旅客鉄道)を目的としたもの。

[広告]

 吉祥寺ロンロンは1968年設立。1969年オープンの吉祥寺店に続き、西八王子店(1997年)、三鷹店(1999年)の3店舗を運営。2005年度の売上実績は334億円で、資本金は13億円。

 JRは現在、中央線三鷹駅~立川駅間の高架化工事を行っており、それによる武蔵野地域の駅ビルや高架下等の開発が見込まれることから経営基盤の強化を図ったという。

 合併による名称変更等は発表されていない。

 吉祥寺ロンロンは「両社のノウハウを活用し、引き続き地域に密着した商業施設としてサービスの提供に努める」と話している。

LONLON

  • はてなブックマークに追加