杉並アニメーションミュージアムで「西武鉄道駅員『タコちゃん展』」開催

(C)シンエイ/西武鉄道

(C)シンエイ/西武鉄道

  •  

 杉並アニメーションミュージアム(杉並区上荻1 TEL03-3396-1510)4階で3月10日から、特別ミニ展示会「西武鉄道駅員『タコちゃん展』」が開催される。

 「西武鉄道駅員タコちゃん」は、西武鉄道とシンエイ動画のコラボレーションによる短編アニメ。西武鉄道田無駅に配属された新人駅員のタコちゃんこと田子明(たごあきら)のドタバタ奮闘記をコメディータッチで描き、シンエイ動画の公式サイト「シンエイぷちアニ劇場」(ユーチューブとGyaO!)で配信している。

[広告]

 同展では、タコちゃんのキャラクターや活躍を紹介するパネルのほか、初期設定資料、絵コンテ、シナリオなどの制作資料も展示。会場内のモニターでアニメを上映するほか、館内の「アニメシアター」では、第1話から最新の第12話までを連続上映する。

 「タコちゃんは、何気ない日常の話で、クスリと笑えて子どもも大人も楽しめる。インターネットでしか見られないので、これを機会に興味を持ってもらえれば」と運営担当の藤田輝さん。

 会期中の日曜には、幼児向けの「駅員さんコスプレ写真館」も開催。タコちゃんと同じ西武鉄道駅員の制服(100センチ、3~4歳児用)帽子姿で記念撮影ができる(カメラ要持参)。  

 開館時間は10時~18時(入館は17時30分まで)。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日休館)。入館無料。4月8日まで。