吉経・上半期PV1位は「吉祥寺パルコにパンケーキ専門カフェ」

食欲をそそるパンケーキの写真も効果大

食欲をそそるパンケーキの写真も効果大

  • 0

  •  

 今年上半期を振り返ると、3月の震災で街の全てが一時停止してしまった吉祥寺。吉祥寺経済新聞のPV(ページビュー)ランキングにも世相が現れているが、1位に輝いたのは「吉祥寺パルコにパンケーキ専門カフェ-パンケーキドーナツ販売も」だった。

 ランキングは今年1月1日から6月30日までに配信したヘッドラインニュースのPVを集計したもの。井の頭公園の「花見自粛を要請」する張り紙の話題(3位)や、吉祥寺エリアが「輪番停電」の対象エリアとなり武蔵野市が情報を伝えるツイッターを始めた話題(9位)、震災後軒並み臨時休業した大型施設を伝えた話題(10位)など、震災後に混乱した街の様子を伝える記事が目立った。

[広告]

 上位10位のランキングは以下の通り。(カッコ内は掲載日)

1. 吉祥寺パルコにパンケーキ専門カフェ-パンケーキドーナツ販売も(4/21)
2. 三鷹駅に「フレッシュテーブルカフェ」-焼きたてパン盛り放題のビュッフェも(4/14)
3. 井の頭恩賜公園の花見宴会自粛の要請-桜は今週中にも開花(3/28)
4. 吉祥寺に「はらドーナッツ」が新業態「はらの台所 マメゾン」-築45年の民家を改装(5/27)
5. バウムクーヘン専門店「クーヘンスタジオ治一郎」、吉祥寺パルコに都内初出店(4/25)

6. カナダの自転車メーカー「ルイガノ」、吉祥寺に国内初の直営店(4/15)
7. 吉祥寺にナポリタン専門店「スパゲッティーのパンチョ」-大盛りも同料金(6/7)
8. 自家製パンも販売するカフェレストラン「ムスイ」、吉祥寺通りに移転(5/16)
9. 武蔵野市がツイッターアカウント開設-計画停電の情報を発信(3/17)
10. 吉祥寺の施設が軒並み臨時休業-輪番停電の影響で(3/14)

 吉祥寺のスイーツ人気を象徴するかのように、「吉祥寺パルコ」地下1階のリニューアルオープンに伴い出店が決まったベイクルーズの「j.s.パンケーキカフェ」(1位)と、都内初出店となったバウムクーヘンの専門店「クーヘンスタジオ治一郎」(5位)の両店が上位にランキングした。「はらドーナッツ」の新業態「はらの台所 マメゾン」(4位)と、移転してリニューアルオープンした「ムスイ」(8位)などのおしゃれな新店の記事に人気が集まった一方、三鷹の「フレッシュテーブルカフェ」(2位)での焼きたてのパン盛り放題の話題、ナポリタン専門店「スパゲッティーのパンチョ」(7位)の大盛り同料金という、「満腹」ネタも注目された。飲食店情報の人気の高さを物語る。

 震災関連の話題、飲食関連の話題で埋め尽くされたベスト10の中で唯一健闘したのが国内初の直営店となる自転車メーカー「ルイガノ」(6位)のオープン記事。スポーツ用品店でも自転車の占めるスペースが広がっているように、自転車は旬の話題として広がりを見せた。

 11位以下のランキングでは、成蹊大学前のマクドナルド跡にオープンした「ジェムズバーガー」(11位)、「三鷹の森ジブリ美術館」の大人も乗れるねこバス(12位)の話題、「弁天湯」の銭湯壁画をローマの「ベスビオス火山」に描きかえるイベント(15位)、「吉祥寺第一ホテル」のビアガーデン(16位)など、さまざまな話題に注目が集まった。