天気予報

26

17

みん経トピックス

特集

エリア特集2008-12-04

スイーツの街・吉祥寺発
みんな買いたい!贈りたい!クリスマススイーツ特集

  • 0

 都内でも屈指の人気の街「吉祥寺」。幅広い世代から愛されるこの街でもクリスマスムードが盛り上がってきています。吉祥寺経済新聞、特集第1弾は「クリスマススイーツ特集」。人気のパティスリーから老舗和菓子店まで選りどりみどりの吉祥寺で、今回は特に「個性的」なスイーツ店にスポットを当てて、クリスマスプレゼントにぴったりな「吉スイーツ」を紹介します。

クリスマスバナー

聖夜に英国伝統のクリスマスケーキや焼き菓子を

カレルチャペックスイーツ

 五日市街道を成蹊大学方面に歩いていくと、小さなカフェ&お菓子のお店「カレルチャペックスウィーツ」が目に入る。ここは1987年にカレルチャペック紅茶店としてオープンし、2002年8月にパティスリー併設店としてリニューアルオープンした老舗店。イギリスの伝統菓子や、しっかり濃く抽出した紅茶を気取らずに楽しめる。白と茶色を基調とした店内には、イラストレーターでもあるオーナー山田詩子さんのかわいらしい絵本や作品が数多く並び、とても柔らかい雰囲気のなかついつい長居してしまいそう。接客にオーナーやスタッフの優しさと温もりが感じられるのも高ポイント。隠れ家カフェとしても利用できそう。

お酒の入った大人のフルーツケーキと伝統のミンスパイを味わう

アドヴェントティーバッグ 日本紅茶協会認定ティーインストラクターの資格を持つ同店の佐藤啓史さんとともにセレクトしたスイーツは、ラム酒とブランデーをきかせたフルーツ入りのクグロフ型の「フルーツケーキ」(450円)に、クリスマスブックに6種類のティーバッグがついてくる「アドヴェントティーバッグ」(1,260円)、アッサムとキーマンの香りが合わさった「ホリーミルクティー」(青・1,418円)、アップルとシナモンのフレーバーが楽しめる「メリークリスマスティー」(赤・1,418円)をセットにしたもの(天使型クッキーはイートインのみ)。

オーナメントビスケット ほかにレーズン・カランツ・リンゴ・アーモンドなどがぎっしり詰まったイギリスの伝統的なお菓子「ミンスパイ」(350円)や、シナモンやナツメグなどのスパイスがきいたクリスマス限定「オーナメントビスケット」(全6種・各200円~)なども取りそろえる。見た目にもかわいらしいスイーツはホームパーティにもぴったり。スタッフの大野真理子さんは「フルーツケーキは少し大人の味が好きな方にオススメです。ミンスパイはクリスマスの伝統菓子なので、この機会に多くの人に食べてほしいですね。ビスケットは特に小さなお子様がいるお母さんなどにも大人気ですよ」と話す。

 英国式に従って、静かにキャンドルをともし、同店の伝統的なクリスマススイーツを食べながら心温まる聖夜を過ごすのも思い出に残りそう。

「クリスマスを吉祥寺で過ごすなら…」

カレルチャペックスイーツ同店の佐藤さんオススメ!
「タイ料理も食べられる井の頭公園内の『ペパカフェフォレスト』や、伊勢丹吉祥寺店の3階にある屋上庭園の『吉祥空園 sora』。面白いお店が所狭しと集まっている『ハモニカ横丁』も吉祥寺らしさが残っているのでいいですよ」。

カレルチャペックスウィーツ
営業時間:11時~19時
定休日:不定休
住所:武蔵野市吉祥寺本町2-15-18
電話番号:0422-20-1088
HP:http://karel-capek.cocolog-nifty.com/sweets/

PEPACAFE FOREST(ペパカフェフォレスト) 伊勢丹吉祥寺店(吉祥空園 sora)

タルト好きの、タルト好きによる、タルト好きのためのパティスリー

パティシエール・サロン・ドゥ・テ・ゴセキ 吉祥寺通りから井の頭公園方面に向かう途中にある「Patisserie Salon de The Goseki(パティシエール・サロン・ドゥ・テ・ゴセキ)」。オーナー・シェフの五関嗣久さんは真のタルトマニア。商品ラインアップの過半数がタルトで占められている。五関さんのタルトは粉、バター、砂糖などの原料にこだわり、「フランスのおばあちゃんが作るような」(五関さん)懐かしい味を表現している。トッピングを含めて、タルト全体を絶妙なバランスに保つ五関さんの卓越した技術は、地元スイーツマニアを常に引きつけて放さない。店内は明るく清潔感にあふれ、町のケーキ屋さんのような気軽に立ち寄れる雰囲気も大きな魅力。

外国人にも人気の絶品タルトは、こだわり抜いた極上の素材から

タルト コンポート ド ポンム 五関さん一番のオススメは、サクサクのパイ生地「フィルタージュ」にアーモンドクリームと薄切りリンゴのコンポートを乗せた「タルト コンポート ド ポンム」(カット=530円、フルサイズ=2,120円)。リンゴのおいしさをぎゅっと凝縮したかのような一品。「とにかくリンゴとタルトが大好きなんです。この時期一番おいしい素材を惜しみなく使うことで、最高のタルトが完成しました。タルトが好きな人はもちろん、タルトが苦手な人にも食べてもらいたいですね。タルトに対する考え方が変わりますよ」と五関さん。

タルト3種 素朴な見た目からは想像できないほど、美味な絶品タルトがそろっており、カラメルと「クレーム オランジェ」で作った「タルト レット ア ロランジュ」(420円)、酸味のあるフキと黒砂糖を使用した「タルト レット ア ラ リュバルブ」(399円)、繊細なメレンゲとレモンの酸っぱさが特徴の「タルト レット オ シトロン」(420円)も、クリスマスにふさわしい。

 タルトの魅力に取りつかれたシェフが、こだわりにこだわって作った逸品は、吉祥寺に住む多くの外国人からも支持されている。外人さん主宰のパーティなどに持って行けば、「母国の懐かしい味だ!」と喜ばれること間違いなし!

「クリスマスを吉祥寺で過ごすなら…」

パティシエール・サロン・ドゥ・テ・ゴセキオーナ・シェフの五関嗣久さんオススメ!
「フレンチの『ビストロ ドゥ ムーラン』は個人で経営している小さくてかわいい店です。こだわりのある料理が味わえるのでぜひ行ってみてください」。

Patisserie Salon de The Goseki
営業時間:10時~20時
定休日:木曜日
住所:東京都武蔵野市御殿山1-7-6
電話番号:0422-71-1150
HP:http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005928/(食べログ)

Bistrot du Moulin(ビストロ ドゥ ムーラン)

優雅なクリスマスを演出する本格的な紅茶専門店

リーフルダージリンハウス吉祥寺 第一ホテルの裏にある細い路地、西三条通りに面しているのが紅茶専門店「リーフルダージリンハウス吉祥寺」。15年前のオープン以来、毎シーズン山田栄オーナーが直接インドに赴いて質の高いダージリンを仕入れている。少人数制の紅茶教室を月1回のペースで行っており、生徒を含めた常連客も多く、店内はいつもアットホームな雰囲気。紅茶各種の試飲など、きめ細かなサービスには定評がある。

「香りと味わい」の贈り物が「心穏やかな時間」をつくる

ピトレティーバッグセット 5種類の紅茶を真っ赤なかわいらしい箱に詰め合わせたクリスマス限定のギフトボックス「ピトレティーバッグセット」(2,100円)は、赤い実入り「クリスマスホーリー」、きれいなバラの花びら入り「クリスマスローズ」、紅茶の三大銘茶(「'08ダージリン セカンドフラッシュタルボ農園 クローナルティッピー DJ-366」、「ウヴァヴィンテージ ウヴァハイランド農園」、「キームン トップクォリティー」)のティーバッグをそれぞれ5個ずつパッケージしたもの。「スリーシーズンダージリン&シーズナルアッサム」(1,999円)も贈り物に向いている。店長の片岡久美子さんは「質にこだわる人や、パッケージに魅力を感じてくれる若い人などへのプレゼントとして人気です。ぜひ「香り」まで味わってほしいですね」と話す。

ハーブティー コルクつきの細身のびんにお茶を詰めたハーブティーもおすすめ。紅茶とバラをブレンドした「ティーローズ」、バラのつぼみを閉じ込めたかわいらしい「ダマスクローズバッヅ」や「イエローローズバッヅ」、きれいなバラの花びら入りの「ダマスクローズペタル」(以上1,260円)など、種類も豊富なので色違いで数本まとめて贈っても喜ばれそう。ほかにも、優しいシナモン味が魅力的なスペインの伝統的菓子「ポルボロン」(525円~)や、お菓子作り、料理、ジャムとしても使える「ダージリンソース」(1,260円)もプチプレゼントに最適。

 クラシックが静かに流れる穏やかな雰囲気のなか、片岡さんの柔らかな口調で語られる紅茶の話もまた格別。質の高い紅茶は、飲むだけで振る舞いまでも上品になるような気が…。同店が提供する紅茶は、優雅なクリスマスのひとときを過ごすには欠かせない一品だ。

「クリスマスを吉祥寺で過ごすなら…」

リーフルダージリンハウス吉祥寺店長の片岡久美子さんオススメ!
「フランス料理のレストラン『パリジェンヌ』にはよく行きます。お店から近いのもうれしいポイントですね」。

リーフルダージリンハウス吉祥寺
営業時間:11時~19時
定休日:木曜日(祝日は除く)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-5 鈴木ビル2F
電話番号:0422-23-1278
HP:http://www.leafull.co.jp

パリジェンヌ(食べログ)

おしゃれなフランス菓子と過ごす白レンガの一軒家

A.K Labo 五日市街道を成蹊大学の手前まで進むと見えてくる白いレンガの一軒家が、ご存知「A.K Labo」。「敷居の高すぎないフランス菓子」をコンセプトに2003年にオープン。「2階にカフェも併設しているので、1人でケーキを食べに来る方も多く、常連客にはおじいちゃんもいるんですよ」とシェフ・パティシエの庄司あかねさん。来店者の年齢が幅広いのは吉祥寺ならでは。そんな地元の人から愛されている「A.K Labo」のクリスマスのスペシャルケーキは?

恋人たちへ贈る、ほんのりビターなクリスマスケーキ

ノエル オン ローズA.K LABO店内 ミニマカロンがトッピングされたビターチョコとフランボワーズのケーキ「Noel en rose(ノエル オン ローズ)」(2,200円)は、「カップルが2人で食べられるサイズのケーキがほしい」というお客さんからの要望に応えて、今年初めて作ったもの。切ってみるとチョコの黒とフランボワーズの赤がミルフィーユ状になっていて、見た目にもおいしそう。庄司さんは「一見シンプルなケーキだが、切り口のギャップを楽しんでもらいたいと思って作りました」と話す。そのほか定番商品「ブッシュドノエル」(4号=2,500円、6号=4,500円)やレーズン入りの「シュト−レン」(S=1,400円、L=2,700円)も大人気。

 ゆったりと落ち着いた空間のカフェ、かわいらしく手の込んだお菓子には、庄司さんが醸しだす穏やかな雰囲気に通じるものがあった。おしゃれな2人には、こんなゆるやかな空気を持つカフェで、2つの顔を持つセンスあるケーキを味わってほしい。

「クリスマスを吉祥寺で過ごすなら…」

A.K Laboシェフ・パティシエの庄司あかねさんオススメ!
「第一ホテルの裏にある、「ラトリエ・デュ・グー」は気軽にフレンチを味わえますよ。クリスマス期間は、エーケーラボからスペシャルデザートを提供するので、ぜひ足を運んでほしいです」。

A.K Labo
営業時間:11時~19時
定休日:水曜日
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-25-9
電話番号:0422-20-6117
HP:http://www.aklabo.com

L'atelier du gout(食べログ)

いつもあなたを癒してくれる愛犬に、クリスマススイーツを

 吉祥寺駅からハモニカ横丁の朝日通りを入ってすぐ左手にあるのが「Coco’s Sweets」。愛犬への「ご褒美スイーツ」をメーンに扱うケーキ店で、犬専用のおもちゃ・洋服・お菓子まで取りそろえている。「Coco」とはオーナーのドッグライフカウンセラー・高橋敦子さんのペット(ジャックラッセルテリア)の名前。もともとお菓子作りが好きだった高橋さん。ふと思いつきで「Cocoのためにケーキを作ってみたところ、ペロリと食べてしまったんです」という。その喜ぶ姿に「このケーキでほかの飼い主さんやワンちゃんも幸せにしてあげたい」と思い、約5年前に同店をオープンした。その後、口コミを中心に人気を集め、いまや吉祥寺在住の愛犬家にとってなくてはならない店となった。

愛犬の健康も考えたアイデア満点スイーツの数々

Coco’s Sweets クリスマス用のメーン商品は、プレートやツリーの飾りもすべて食べられる「クリスマスデコレーションケーキ(チーズ)」(2,900円)、牛乳、はちみつ、カッテージチーズなどを使用したカップケーキ「クリスマスチーズケーキ」(400円)、コーンミールや卵で作った「クリスマスコーンケーキ」(350円)など。カップケーキ型の「スイーツアロマキャンドル」(3個入り=1,500円、5個入り=2,300円)や「ワンちゃんのサンタ帽」(300円)なども人気の商品。シンプルでカロリー控えめの「チーズケーキ」(300円)や、成分が犬の母乳に近いためどの犬種でも食べられる「山羊ミルクヘルシーボーロ」(682円)、チーズ・ターキー・サーモンの味がある「ダルフォード ホリスティック ビスケット」(700円)もちょっとしたご褒美にオススメ。

 アレルギーを持つ愛犬のために、スイーツ全品の原料を表示。いつもそばにいてあなたを癒してくれるペットに愛と感謝を込めて、とっておきの「ご褒美スイーツ」をプレゼントしてみては?!

「クリスマスを吉祥寺で過ごすなら…」

Coco’s Sweets店長の高橋敦子さんオススメ!
「イブはドッグカフェに出掛けてもいいと思います。でもクリスマス当日は、ワンちゃんと一緒にお家でゆっくりするのが一番かな」。

Coco’s Sweets
営業時間:12時~18時30分
定休日:土日祝日ほか(要確認)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-3
電話番号:0422-22-6932
HP:http://www.cocosweet.jp/index.html

■編集後記

 おいしくてすてきなスイーツ店が多く集まる吉祥寺。どのお店のどのスイーツを紹介するか最後の最後まで本当に迷いました。今回は「個性的」をキーワードに、吉祥寺らしい温かな雰囲気が感じられる店舗から特別感のあるものを厳選しました。

 あの人に贈りたい!あの子と一緒に食べてみたい!と思うようなスイーツは見つかったでしょうか?まだまだある魅惑の「吉スイーツ」!また改めて特集したいと思います。

 編集部でもスイーツは大人気。みんなで仕上がった写真を見ながら、「このショップはどの辺にあるの?」「これってもう販売してる?」と盛り上がりながら、撮影に使ったお菓子をほおばる始末。やはり誰しも、スイーツの誘惑にはかないません!

 吉経が送る、特集第2弾「吉祥寺で選ぶクリスマスギフト、こだわり雑貨特集」も近日アップ予定です。個性的な雑貨店からプレゼントにぴったりな雑貨たちを選びました。どうぞお楽しみに!

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング