食べる

丸井吉祥寺店に台湾茶カフェ「ホワイトアレイ」 期間限定出店

丸井吉祥寺に期間限定で台湾茶カフェ「ホワイトアレイ」がオープン

丸井吉祥寺に期間限定で台湾茶カフェ「ホワイトアレイ」がオープン

  • 11

  •  

 台湾茶カフェ「ホワイトアレイ」が現在、丸井吉祥寺店(武蔵野市吉祥寺南町1、TEL 045-308-0001)1階に期間限定で出店している。経営はホワイトアレイ・ジャパン(神奈川県横浜市)。

丸井吉祥寺店に台湾茶カフェ「ホワイトアレイ」 期間限定出店

 神奈川県内の大学3年生2人が創業した同社。「健康・環境・地域活性化」をコンセプトに、江ノ島を中心に活動している。「地元のフルーツを使った商品開発や台湾茶を通じて地域の活性化に向けた活動も行っている」と社長の遠藤昇さん。

[広告]

 同店では、台湾から直接仕入れたオーガニック茶葉と新鮮なフルーツを使ったドリンクを提供するほか、「塩キャラメルパイ」(税別590円)も販売。

 メニューは年中人気があるという「褒められフルーツティー」(800円)。「5種類のフルーツをジャスミン緑茶と共に楽しむ一品。見た目がとてもかわいく、シーラーでしっかりとふたがされているため、自分へのご褒美や友達・家族への土産にも適している」と遠藤さん。
 「トロピカルホットティー」(650円)はキンカンやパッションフルーツ、パイナップル、リンゴ、オレンジなどの果実と四季春茶の「香りのハーモニーが楽しめる」ホットフルーツティー。台湾から材料の入荷が遅れているため、代わりに台湾屋台で人気の「ねぎ餅(葱油餅)伸びるチーズ入り」を提供する予定。地域活性化の活動として、地域ブランドのコラボ商品や地域生産果物を使った地域限定メニューの販売も予定。現在、三鷹の特産フルーツであるキウイを使ったメニューを考案中だという。

 環境にも配慮して、空きカップで「お代わりティー」サービスも行う。「当店の商品を購入して、近くの井の頭公園に散歩がてらに行くお客さまが多いので、公園の環境保全もしていただきながら、お茶も楽しんでほしい」と、帰り道に当日購入した商品の空きカップ持参客に100円でストレートティーをサービスしている。

 営業時間は10時30分~20時。5月5日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース