食べる 見る・遊ぶ

吉祥寺のフレンチカフェでジプシースウィングジャズの投げ銭ライブ

オープンテラスがある「Cafe MIM」の入り口。ライブは店内で演奏する

オープンテラスがある「Cafe MIM」の入り口。ライブは店内で演奏する

  •  
  •  

 吉祥寺の末広通りに面するフレンチカフェ「Cafe MIMI(カフェ・ミミ)」(武蔵野市吉祥寺南町2、TEL 0422-77-7416)で9月14日、「COZY CARAVAN(コージーキャラバン)」によるジプシースウィングジャズの投げ銭ライブが開催される。

6月の店内でのジプシースウィングジャズライブ(関連画像)(写真提供=MIMI)

 店主の大島紳之さんがフランス人の妻、ナタリーさんと「2人でできることを仕事にしたい」と2012年1月にオープンした同店。吉祥寺に住んでいて「店を持つなら末広通り」と決めて出合った約35平方メートルの店内には、テーブル席やカウンター席のほかソファ席を用意。ドアにオレンジ色を使うなど「店にいるとフランスに行ったように感じる雰囲気を提供している」という。

[広告]

 メニューは、朝ごはん=ドリンクとフレッシュジュース付きのクロワッサンセット(500円)・オムレツセット(600円)、お昼ごはん=クロックムッシュ(750円)・スープ(800円)・クスクス(850円)ほか。デザートやおつまみもそろえる。ドリンクは、カフェオレ(450円)、フランスのハーブティー、フランスのアイスティー(桃風味)、ワイン(以上500円)、キール(550円)、ハイネケン(600円)ほか。フランスで買い付けた雑貨も販売する。

 投げ銭ライブで演奏するジプシースウィングジャズは1930年代、ベルギー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトがヨーロッパのジプシー音楽とアメリカのジャズを融合した音楽で、フランスで発展した。アコースティックギターを使った哀愁のある曲調が好きで聴いていた大島さんは、縁あってバンドのギタリストと仲良くなり、2016年、店での演奏を持ちかけた。投げ銭スタイルは、モンマルトルのカフェで体験したのが「心地良かった」ことから取り入れたという。以来、毎月第2土曜に開催。「9月は吉祥寺秋祭りと同日で末広通りもにぎわう。飛び込みでライブを聴きに店に入る方もいる」と大島さん。バンドはギタリストの大橋浩司さんが率い、都内を中心に活動している。当日はアコーステックギター2名とバイオリンの3人で演奏する。

 「フランスと聞くと高級なイメージがあるが、敷居が高くない普段着のフランスの店として日常に使ってほしい。店の中はジプシースウィングジャズを聴く場所として違和感なく楽しめる」。ライブ当日は一日限りの特別メニューも提供する。

 営業時間は8時~18時。日曜、祝日、第1月曜定休。ライブは15時から。

  • はてなブックマークに追加