買う

吉祥寺にクラシックカメラ店「オルレアカメラ」 レンタルギャラリー併設

吉祥寺の「オルレアカメラ」店内

吉祥寺の「オルレアカメラ」店内

  •  
  •  

 クラシックカメラを販売する「オルレアカメラ」(武蔵野市吉祥寺本町3、TEL 090-6703-0524)がオープンして1カ月がたった。店舗面積は約12坪。

展示のほか、撮影、ワークショップなどに利用できるレンタルギャラリースペース

 代表の斎藤直樹さんと店長を務める木野陽介さんが2人で始めた同店。アンティーク家具を配置し、棚にはニコンやオリンパスをはじめさまざまなフィルムカメラを並べるほか、レンタルギャラリースペースも併設する。買い取りにも対応し、可能な限り整備して販売する。斎藤さんは「2人とも写真やカメラが好きで、都内の中古カメラ店で販売を学んだ。フィルムカメラを触ったことのない若い方も多く、使い方を説明したり、撮った写真を飾って見たりする楽しさを伝えられたらと思った」と話す。

[広告]

 「クラシックカメラを扱う専売店がこのエリアにはない一方、写真に撮りたいスポットが点在し、クラフトに携わる人や個性的な人も多い吉祥寺に出店したいと物件を探した」といい、店名には「オールドでレアなカメラ」の響きにも掛け、「群生して咲く花のように広がっていければとの思いを込め、自宅の庭に咲いていた白い花の名前を付けた」と斎藤さん。

 木野さんは、店内に並べるほぼ全てのカメラで撮影し、機器の個性や写り方を紹介するほか、「昨日カメラ」のブランド名で、ストラップやカメラケースなどのレザーアイテムを受注製作する作家としても活動する。「3年前から活動し、多くの受注を頂く中で店舗を持ちたいと思っていた。古いカメラはケースなどが無いものも多いので、オーダーに合わせ一つ一つ丁寧に仕上げている。染めにも対応しているので好みを相談してもらえたら」と木野さん。

 9月27日・28日には井の頭自然文化園を散歩しながらフィルム写真撮影を行う交流会も予定する。現像・プリントの後、各自気に入った一枚を選び、同ギャラリースペースで数日間展示する。「展示を通して参加された皆さんや、展示を見に来ていただいた方の交流のきっかけになれれば」と斎藤さん。

 木野さんも「フィルムは撮影できる枚数に限りがあり、一枚一枚に思いを込めシャッターを切る。忙しい毎日の中でゆっくりと撮影するような心の余裕が生まれると、暮らしにも豊かさが生まれるのでは。そんな魅力を発信できたら」と意気込みを見せる。

 営業時間は、平日=14時~20時、土曜・日曜=12時~19時。火曜・水曜定休(祝日の場合は休日時間で営業)。

  • はてなブックマークに追加