買う

コピス吉祥寺でパンの朝市「パンイチ!」新企画 焼き菓子、絵本とコラボ

これまでに開催された「パンイチ!」の様子

これまでに開催された「パンイチ!」の様子

  •  

 吉祥寺でパン店の集まるマーケットを行ってきた「パンイチ!」の新企画「BOOKS BAKE BREAD supported by GREENING MARCHE」が2月17日、「コピス吉祥寺」(武蔵野市吉祥寺本町1)A館1階ふれあいデッキこもれびで開催される。

親子ワークショップ「手のひら絵本を作ろう」(イメージ)

 2019年最初のイベントとして、「子ども目線で楽しめる絵本とパンとお菓子の国」をコンセプトに掲げる。主催者の一人で、自身も「中田ベーカリー」を手掛ける中田よし子さんは「10のパン店、焼き菓子店、書店に集まっていただいた。子どもたちが楽しめるような、夢を詰め込んだ楽しいイベントになれば」と話す。

[広告]

 中田さんと共にイベントを主催するオオトヨウコさんのパン店「OTO.PAIN」(山梨県)のほか、武蔵野市内で週3日パンを販売する「ここね」や「ろべんたん」「Vilijonkat(ヨシカ)」「tatabel」「darumare」と、本を扱う「よもぎBOOKS」「MAIN TENT」、アクセサリー雑貨店「AYUYASHOW」が出店する。小箱程度のブースで古本を販売する「ほんのコバコ市」も並ぶ予定。

 特別企画として12時~「よもぎBOOKS」協力の下、「うれないやきそばパン」(金の星社)の著者である富永まいさん(文)と、いぬんこさん(絵)による読み聞かせとサイン会を行う。「作家の方と実際にお話しできる貴重な機会。絵本にちなんだ特別パンブースも設置する。絵本の中の1ページを実際にパンで再現したり、登場するパンを並べたりする。パンの購入も可能なので、絵本とパンのコラボを楽しんでもらえたら」と中田さん。13時まで(読み聞かせは約15分)。

 併せて同A館2階吹き抜け横(「ユニゾンテイラー」裏)で、親子ワークショップ「手のひら絵本を作ろう」も行う予定。コラージュアーティスト兼元インターナショナルスクールアート講師の棚澤英恵さんのデザインによる手の平サイズの絵本作り。一枚紙を切ったり貼ったり、折ったりして完成させる。時間は13時30分~と15時~の2回でそれぞれ約1時間。定員は各8人。対象年齢は小学生以上(作業が可能な未就学児も保護者同伴で参加可能)。参加費は1,000円(ユニゾンテーラーコーヒー、またはソフトドリンク付き)。要予約。

 開催時間は10時~17時(売り切れ次第終了)。