見る・遊ぶ 暮らす・働く

「吉祥寺音楽祭」開催迫る 井の頭公園や駅前広場など街全体をライブ会場に

元町通りをスタートし、コピス吉祥寺前をパレードする様子

元町通りをスタートし、コピス吉祥寺前をパレードする様子

  • 8

  •  

 今年で32回目となる「吉祥寺音楽祭」が4月29日から、井の頭恩賜公園などで開催される。1986(昭和61)年に街の活性化を目的に地元有志が始めた同イベント。プロ・アマを問わず多くのミュージシャンが参加し、毎年ゴールデンウイークに合わせて開かれている。

 29日の北口駅前平和通りを歩行者天国にする「ホコ天パレード&ストリートライブ」を皮切りに、30日には武蔵野公会堂で「ジャズコンサート」を実施。5月3日は井の頭恩賜公園野外ステージを舞台に「公園コンサート」を、4日には吉祥寺の街に関わりを持つ学校や社会人のビッグバンドによる「ビッグバンドフェスティバル」、5日には吉祥寺シアターで「吉音コンテスト決勝大会」、5日・6日は北口駅前野外特設ステージで、歴代の吉音コンテスト覇者など吉祥寺とゆかりのあるアーティストが登場する「スーパーステージ」を予定し、フィナーレを迎える。

[広告]

 期間中、コピス吉祥寺、アトレ吉祥寺などの大型店舗やライブハウス、飲食店など自主イベント協力店で、大槻ケンヂさんのライブや子ども向けの体験型ワークショップ、街角ライブなど、さまざまな自主イベントも展開される。

 実行委員長の櫻井さんは「今年は井の頭公園100周年をお祝いする『井の頭100フェスタ吉祥寺』とのコラボ企画で、3日の公園コンサートのトリにあさみちゆきさんが登場する。デビューから現在まで毎月井の頭公園での野外ライブを続け、『井の頭公園の歌姫』として親しまれている叙情豊かな歌声を披露する」と話す。「期間中は毎日音楽イベントが開かれているので、街のあらゆる場所でさまざまな音楽を楽しめる」とも。

 5月7日まで。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home