見る・遊ぶ

ジブリ美術館がリニューアル 「大人も乗れる」ネコバスも登場

大人も乗れるネコバス登場

大人も乗れるネコバス登場

  •  
  •  

 改修工事のため長期休館中だった三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市下連雀1)が7月16日、リニューアルオープンした。併せて、宮崎駿監督の企画・監修による企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」を始めた。

 同館はこれまで、「千と千尋の神隠し展」(2001年)をはじめ、「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」(2002年)、「アルプスの少女ハイジ展」(2005年)、「3びきのくま展」(2007年)、「崖の上のポニョ展」(2009年)、「ねこバスから見た風景展」(2011年)、「クルミわり人形とネズミの王さま展」(2014年)などを開いてきた。

[広告]

 同館2階には、トトロの「ねこバス」が映画のイメージそのままに展示されている。新企画展示にあわせて「大人も乗れる」ネコバスが復活している。

 開館時間は10時~18時。火曜休館。入館料は、大人・大学生=1,000円、高校・中学生=700円 小学生400円 幼児(4歳以上)100円(日時指定の予約制)。新企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」は2017年5月まで(予定)。

  • はてなブックマークに追加