見る・遊ぶ

吉祥寺の「ギャラリーリテイル」で絵本創作ユニット「PEIACO」初の個展

「NO EHON NO LIFE」展

「NO EHON NO LIFE」展

  •  
  •  

 吉祥寺のギャラリー「gallery re:tail(ギャラリーリテイル)」(武蔵野市吉祥寺本町3、TEL 0422-26-9874)で6月13日から、絵本創作ユニットPEIACO初の個展「NO EHON NO LIFE」が開催される。

 2010年に、瀧澤純平さん、高比良暁子さんのふたりで結成された同ユニット。結成から2年、自分たちのスタイルを求めて試行錯誤を続け、今回「念願」の個展を開く。会場には、絵本「マルおじさんの箱」の原画をメーンにイラスト作品などを並べる。

[広告]

 「誰もが持つ、いたずら心をエッセンスに物語が作られているところが何よりの魅力。形に捕らわれない、いろいろな絵本作りに挑戦していて、読む人も自分たちも楽しい絵本作りを目指しているユニット。絵本の内容は来場してからのお楽しみに」と同ギャラリー・マネジャーの竹内さん。

 開催時間は12時~19時(最終日は17時まで)。火曜定休。6月18日まで。

  • はてなブックマークに追加