買う

西荻窪のカフェで書評合戦「ビブリオバトル」-テーマ「妖怪」も

今年1月に開催された「ビブリオバトル at KISSCAFE vol.7」の様子

今年1月に開催された「ビブリオバトル at KISSCAFE vol.7」の様子

  •  
  •  

 西荻窪の「KISSCAFE」(杉並区西荻北4、TEL 03-5382-2606)で6月15・29日、参加型書評合戦「ビブリオバトル」が開催される。主催は「Tokyo Biblio」。

 発表者各自が持ち寄った本を、5分間の持ち時間で観客に紹介する同バトル。紹介された全ての本の中から「どの本を一番読みたくなったか」を基準に来場者全員で投票を行い、最多票を集めたものを「チャンプ本」に決定する。2007年に立命館大学の谷口忠大准教授により考案され、全国的な広がりを見せている。

[広告]

 主催の「Tokyo Biblio」は、鳥潟雄一さんと稲川綾乃さんのユニット。昨年6月に紀伊國屋書店新宿南店で開催されたバトルに稲川さんが参加したのを契機に、友人の鳥潟さんと「ビブリオバトル at KISSCAFE」と題しイベントを立ち上げ、月に1回イベントを開くようになった。現在は「KISSCAFE」のほか、都内各所でも活動の場を広げている。

 今月15日に開催される「ビブリオバトル at KISSCAFE vol.11」は、本の種類を問わない形式で、無料で参加できる。観覧は予約不要。発表者は、事前に「Tokyo Biblio」のホームページから申し込みが必要。

 同29日にも「第参回 妖怪ビブリオバトル@KISS CAFE」を開催。「妖怪好きによる妖怪好きのため」の有料(1,000円)ビブリオバトル。観覧、発表共にメールでの事前申し込みが必要。

 これまでの「ビブリオバトル at KISSCAFE」発表者からは、「初めは緊張したけれど、自分の好きな本について思い切り語ることができて楽しかった」「発表するためにその本についてもっと深く考えたり、自分の感想を整理したりすることで、読書に深みが増した」などの感想が聞かれ、観覧者からも「自分の知らない本について、読んだ人から直接聞けるライブ感が面白かった」「本の紹介を通じて発表している人のことも知ることができ、新しい出会いにつながった」などの感想が寄せられている。 

「ビブリオバトルは、本をコミュニケーションのツールにして、『本を通じて人を知る、人を通じて本を知る』ことができるゲーム。発表者も観覧者も、本をきっかけにどんどん話をしてみてほしい。きっと新しい出会いと発見があるはず」と鳥潟さん。

 「自分たちが開催しているビブリオバトルは、初めての人でも気軽にリラックスして参加できるものばかり。毎月(同カフェで)定期開催している『ビブリオバトル at KISSCAFE』では、食事やお酒を飲みながらゲームを楽しめる」と来店を呼び掛ける。詳細はホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加