見る・遊ぶ

吉祥寺メテオで「ファミカセ展」-オリジナルラベルのファミカセずらり

会場では手にとってじっくり観賞することも可能

会場では手にとってじっくり観賞することも可能

  • 0

  •  

 井の頭通り沿いの「ファミコンカセット」などを販売するセレクトショップ「METEOR(メテオ)」(武蔵野市吉祥寺南町1、TEL 0422-48-8984)で5月1日、オリジナルのラベルを展示する「わたしのファミカセ展」が始まった。

ファミカセやCD、Tシャツなどが所狭しと並ぶ店内(関連画像)

 同店は、ファミリーコンピューターのカセットをはじめ、アーケードボタンを埋め込めるMIDIコントローラーの組み立てキット「MIDI FIGHTER-DIY KIT/DJ TECHTOOLS」(1万3,230円)や、1985(昭和60)年の設定資料に使われたマリオをデザインした「マリオ ナンバリングパーカー/The King Of Games」(1万800円)、ロービットの世界観を余すことなく紹介した書籍「8BIT LOVE/8BIT LOVE制作委員会」(1,000円)など、ゲームにまつわるグッズがそろうセレクトショップ。

[広告]

 毎年恒例の同イベントは今回で7回目を数える人気企画。同店ゆかりのデザイナー、ミュージシャン、ゲームデザイナーのほか、一般公募で集まった63本のオリジナルラベルの「ファミコンのカセット」が並ぶ。「近年はヨーロッパやアメリカなど海外からの声も届くようになった」と同店の坂上さん。

 それぞれのラベルにはゲームの世界観を説明するメモも付け、絵柄だけでなく作者のゲームならではの奇抜な発想も楽しめる。「ファミカセ」にこだわる理由については、「カセットの色がとても豊富で、額縁としての美しさもあり、何より多くの人が共通体験としてファミコンを認識しているから」と坂上さん。

 「オフィシャルサイトで全作品を閲覧することもできるが、ぜひ会場で作品を手にとってもらいたい」とも。同サイトではアンケートに答えると抽選で10人に「ファミカセ展じゆうちょう」が当たる。

 営業時間は13時~20時。月曜定休。今月29日まで。