学ぶ・知る

吉祥寺でダンスユニットのワークショップ 劇場の楽屋、舞台裏巡り体動かす

コンテンポラリーダンスユニット「アグネス吉井」の二人 プロフィール写真: ©金子愛帆

コンテンポラリーダンスユニット「アグネス吉井」の二人 プロフィール写真: ©金子愛帆

  •  
  •  

 コンテンポラリーダンスユニット「アグネス吉井」を講師に迎えて行うワークショップ「からだで巡る 劇場たてものツアー」が11月30日、「吉祥寺シアター」(武蔵野市吉祥寺本町1、TEL 0422-22-0911)で開催される。

ワークショップが行われる「吉祥寺シアター」の前に立つ「アグネス吉井」

 バックステージツアーも兼ね、劇場の楽屋や舞台裏など、普段は入れない場所で体を動かしてみるワークショップ。「アグネス吉井」はKEKEさんと白井愛咲さんが2016(平成28)年に結成したユニットで、毎月「もやもやアグよし」と題した街歩きブログを更新するほか、インスタグラムやツイッター上に公開する短い映像作品にも力を入れている。

[広告]

 担当者は「まるで風景の中に溶け込むような、緩やかでちょっとユーモラスな動きが特徴。今回はワークショップに先駆け、吉祥寺の街の中でも作品を制作していただいた」と話す。2人が吉祥寺の街で踊る同作品は「もやもやアグよし」で見ることができる。

 ワークショップは同一内容で2回行い、各回の定員は約20人。「ズボンなど動きやすい、汚れてもいい服装でお越しいただければ。当日はアグネス吉井と劇場スタッフがガイドをしながら、当シアター内のさまざまな空間を探検する。ダンスに興味がある方だけでなく、親子での参加や、街歩き・建築が好きな方などにも参加してもらえたら」と呼び掛ける。

 開催時間は13時~14時30分、16時~17時30分の2回。参加費は500円(18歳以下無料)。要申し込み(25日12時締め切り)。

  • はてなブックマークに追加